べにぢょの日記

宝塚歌劇の観劇感想などなど

花組『マスカレード・ホテル』@日本青年館

楽しかったしかっこよかったしすごかった!
大好きなあきら*1の主演作、観に来れて本当によかったぁぁぁー!

花組公演 『マスカレード・ホテル』 | 宝塚歌劇公式ホームページ


原作を知らなかったので、例によって文庫で予習してから観劇。
このブックカバーは卑怯でしょ…!絶対買うでしょ…!


テルマンになる前の新田刑事の髪型、ワイルドでカッコイイ!!
優秀なフロントクラークである山岸さんにはめっちゃ怒られてたけどw


その山岸さんを演じるのは、ひとこちゃん*2と一緒に月組から組替えで来てくれた、朝月希和ちゃん。

ミーマイでビルを調教するマリア公爵夫人並みに、新田刑事にかぶせてくるww

「シャツの第一ボタンを留めてください。
髪型も整えてください。
姿勢が良くありません。歩き方も直してください」


「生まれてからずっとこの歩き方なんですがね、
右足と左足を交互に出すやり方だ!」

あきらのこの返し、最高w


新田刑事というキャラクターが、あきらに本当にピッタリで。
もう、オペラをあきらから外せない><


そして、音くり寿ちゃんの芝居が、格段に凄い!!
下手から上手へ口ずさみながら歩いただけで、ただ者ではない存在感。
視覚障碍者を装う老女から、復讐を果たす狂気の殺人犯まで、圧倒的な演技力。
この子は、舞台荒らし…!!(ガラスの仮面



1幕最後の「マスカレード・ホテル!」から始まる仮面舞踏会のシーンは、舞台ならではの華やかさで、そういえばこれは宝塚だったと思い出したw

いや、だって、音くりちゃんが本当に怖いんだよ!
希和ちゃんを縛り、正体を現して告白するシーンは、観ているこちらも身動きできなくなるほどの迫力。

宝塚でこんな気持ちになったのは初めて。
ていうか、あの瞬間はタカラヅカじゃなかった!
期待通りどころか、期待をはるかにはるかに上回っていた。


原作との比較で言うと、飛龍つかさちゃん演じる能勢がヘタレだったw
原作ではポンコツと見せかけて実は優秀な刑事だったはずだが…w


フィナーレは、スモークの中のデュエダンがまさに宝塚的で。
あきら、リフトめちゃくちゃ回してた!!!
はーー。あきらとデュエダンしたいなぁーーーー。


終演後のご挨拶では、

「残すところあと一回。
ですが、あと一回できますので。ハハッ!
今日はゆっくり寝たいと思います。
(左右に)ねっ、ねっ!」

と言っていたのが可愛くてほんわかしたw


あきら最高!花組最高!!!!!!!
結局、梅劇と青年館のプログラムに、限定ブックカバーの2冊までコンプリートしてしまったw

*1:瀬戸あきら

*2:永久輝せあ