べにぢょの日記

宝塚歌劇の観劇感想などなど

宙組『El Japón -イスパニアのサムライ-』『アクアヴィーテ!!』

かっこ、いい…っっっ!!
芝居のストーリーがどうでもよくなるほど、問答無用でかっこよかった。。。

宙組公演 『El Japón(エル ハポン) -イスパニアのサムライ-』『アクアヴィーテ(aquavitae)!!』


伊達正宗が派遣する使節団の一員として渡欧する、ワケアリなサムライ、蒲田治道こと真風涼帆さん。
登場した瞬間から、鳥肌が立つほどかっこいい…!


早々に、もうこれは真風さんのコスチュームプレイを楽しむ芝居なのだと認識を切り替えた。(大野先生ごめんなさい)

「星逢一夜」の晴興風のお衣装から

「美しき生涯」末期の石田三成風なザンバラ黒髪まで

完全に!真風さんを目で愛でる90分でしょう!!!!


とはいえ、私は”謎の男”である芹香斗亜ちゃんが本命なので、

自分の拳銃を「キキちゃん」と紹介するシーンは、台本にあるセリフと知りつつも楽しみで楽しみでw
鞘を”ククちゃん、ケケちゃん”と名付けちゃう、2枚目なのに3枚目センスのあるキキちゃん最高!!!
オーシャンズのジョンソン先生以来、ますます好感度上がってるし!!
xlovecallx.hatenablog.com


パパ・アイ・ラブ・ユー以来、気になってる留依蒔世ちゃんは、道化師の役で。
自分と同じお顔が付いた杖を持って、皆のやり取りを柱の陰で聞きながら、くるくる変わる表情を観てるだけでも飽きない!


今回、実はショーが楽しみで、お芝居の方はガッカリ覚悟だったんだけど*1宙組の皆さまがかっこよすぎたせいで、視覚聴覚が幸せでした!

そして、期待満々だったショーは、やっぱり最高に楽しくて!
2020年、今年初めてときめいた瞬間だった!!!


「アクアヴィーテ!アクアヴィーテ!君に焦がれて狂いそうだ!」な主題歌は、藤井大介先生のお酒シリーズ(?)のサンテ並みにキャッチーでテンションUP!!
xlovecallx.hatenablog.com


真風、芹香、桜木の宙組トップ3の”ソフィスティケイティッドヒーロー”が「ウィスキーがお好きでしょ?」と”甘い言葉”でお客様に絡むシーンは、もう、コメントするまでもありません。
ウィスキーより、あなたが好きです/// はぁーっ!!!


すっしー組長が浮き輪で登場するシーンでは、ビーチバレーがしたくなったw
冬なのに、百均にビーチボール探しにいったわ!!



そしてそして!個人的オキニの和希そらくんが!着実に出世してるーーー!!
ダイスケ先生曰く、「ジェムソン(アイリッシュ)のように、男っぽさの中にもキュートさを感じさせる」


真風さんの「アードベック(スコッチ)」、まどかちゃんの「ボウモア(スコッチ)」、キキちゃんの「I.W.ハーパー(アメリカン)」、ずんちゃんの「ジャックダニエルアメリカン)」までは飲んだことあるけど*2、そらくんを彷彿とさせる「ジェムソン」は未体験なので、早急にどこかで試さねば!!


はーーーー。
あれ、もう一回観たいな…。あれ、こんなはずでは…。。。

*1:たびたび大野先生ごめんなさい

*2:公演プログラムのダイスケ先生の評より