べにぢょの日記

美人が好き

化粧はどこへ吹き飛ぶのか

男性に聞かれたことがある。
つまり、こういうことだ。

「化粧が落ちる」と女性は言う。
では、落ちた化粧はどこへ行くのか?吹き飛ぶのか?

化粧の行方など考えたこともなかったが、そう言われると気になってきた。
ファンデーションが皮脂で溶けて流れたり、マスカラが下まぶたに付いてにじんだり、口紅がカップに付いて取れる、という行末は想像できる。

しかし、パウダーファンデが落ちる要因のひとつに、風で吹き飛ばされる可能性もあるのではないか?


風に乗って、飛んで、羽ばたいて、舞い上がって、そしてハラハラ舞いながら落ちて、たとえばハゲの頭に着地する。

最近のファンデはほとんどがUV加工なので、ハゲの頭皮を守る。ナチュラルなのにしっかりカバー。
誰からも化粧をしてると気付かれぬまま、さりげなく頭部を綺麗に見せて、洗顔のついでにツルリと落とされる。理に適った最期だ。


結論。
ハゲた化粧は、ハゲの頭皮を守る。


今日も腹筋ワンダーコアしながらブログ書いた。
結論を急いだのはそのせい。腹筋のせい。
お疲れさまでした!