花組『ポーの一族』

舞台は夢の世界というけれど、こんなに現実離れした舞台は初めて。
我が目を疑うほどの、まさにこの世ならぬ美しさ。

◾︎花組公演 『ポーの一族』 | 宝塚歌劇公式ホームページ


「本日は、ようこそ東京宝塚劇場にお越しくださいました。
 花組の、明日海りおです」

客席から、拍手が起こった。
お披露目公演であれば、この開演アナウンス後にトップ就任を讃える拍手が起こるけど、それ以降は普通はない。
それだけに、トップ就任4年目を迎えるみりおちゃんへのこの拍手には、特別な意味がある。
トップおめでとうでもこれから頑張れでもなく、エドガーを演じる彼女への賞賛。



みんな知ってる。みりおちゃんのエドガーが、この世ならぬ美しさであることを。


エドガーとアランのツーショットはもう、耽美過ぎて寝込むレベル.....。

チートかと思うでしょ?フォトショ乙って思うでしょ?
実物を生で見てもこのまんま。客席と舞台の間にフィルターがあるはずもなく。
ポーの一族」のこの世ならぬ美しさを、ここまでリアルに再現できるのは宝塚だけだろう。



これが動くんですよ。喋るんですよ。歌うんですよ。信じられますか!?



エドガー、アラン、シーラ。
なんだこの完璧な美しさは。絵か!名画か!!


原作で予習して、配役を見て、このキャスティングが実現した奇跡に感謝。
アランは柚香光ちゃん。んもう!分かってるじゃない!!!


ふたり並べば真紅の薔薇もかすむ美しさ。


シーラは仙名彩世ちゃん。

凛と響く透明感ある声がとても素敵。
歌がまた上手いんだなーーこれが。


ポーツネル男爵は瀬戸かずやくん。

花組でチョビヒゲと言ったら、あきらしかいないわ!どこまで最高なんだ!!


しかし何よりやはり、明日海りお様の美しさが息を吹き込んだエドガー。
美しさとは、説得力だ。


舞台化を30年以上待ったという、演出家の小池先生も、「極上の美」と評していた。

明日海のエドガーは一見の価値は絶対にあると思います。もう、それこそ「極上の美」ですね。
そこを味わって、多彩な登場人物を楽しみつつご覧いただけれはま、希少なコース料理を食べたような感じになるのではないでしょうか。



あらためてイラストを見ると、みりおちゃんをモデルに描いたのかと思うほど。*1
持って生まれた美しさに甘えず、相当に研究し努力して作り上げたエドガーなんだと分かる。


今回は舞台装置や演出も漫画の世界観を全力で再現していて、小池先生のリスペクトを強く感じる。
老ハンナが煙を上げて消滅するシーンは、特撮みたいで思わず声が出そうにw
イケコ曰く、前半最大の山場で、いかに上手く消滅できるかが重要だと。

一族が馬車で森を抜けるシーンでは、映像の使い方がとても効果的。
そしてラストのゴンドラせり出し! ベルばら以外で初めて見たーw
今回は1階席だったけど、2階席で見たら迫力だろうなあ。



バンパネラになった後、衝動に耐えられず、初めて人間の血を吸うシーン。
顔が見えていないのに美しい。美しさに死角がない。


フィナーレでは、くるくるパーマではないヘアスタイルなんだけど、これがまためっちゃくちゃかっこいんだなあ・・・・・!!!


もう一度、観劇の予定がある。
次回は、メリーベルやキングポーやクリフォード先生の話も書きたいなあ。
みんな本当に最高すぎて、一度じゃ伝えきれない!!!!!

*1:原作ファンの方に失礼な表現でごめんなさい