読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

べにぢょの日記

美人とギークが好き

初恋と罪悪は同時に訪れ、恋だけが消えていった。

小学校1年生のとき、給食にレーズンパンが出た。
給食の時は、6人で班を作り、机を向かい合わせて食べる。
配膳も班ごとに行い、ゴミ箱も6人で共有して使う。


同じ班に、富田さん、という女の子がいた。
気が強くて、レーズンが嫌いだった。
レーズンパンの日はいつも、レーズンだけをゴミ箱に捨てていた。
しかしそれが先生に見つかり、やめましょうね。と通達があった矢先のこと。

うちの班のゴミ箱には、その日もレーズンが捨ててあった。
見回りに来た先生が気付き、とがめた。

「レーズンをゴミ箱に捨てたのは誰ですか?」

(富田さんじゃないかな) と皆が思った。
しかし、富田さんはとても目立つ子で、スクールカースト的に権力があった。
一方、私はカーストの最下層で、何を言われても 「・・・」 が口癖だった。
(べにちゃんのせいにしておこう) と、皆は思ったにちがいない。
そして案の定、富田さんが「べにちゃんだとおもいます!」と告げた。
私は 「・・・」 とうつむき、皆も無言で同意を表明した。


そのとき、班のリーダー的存在のトシくんが立ち上がった。

「べにちゃんじゃないとおもいます!」

トシくんは、かっこくて頭がよくて足が速くて、クラスの女子20人中19人がトシくんのことが好き!といっていいほど、モテモテの男の子だった。
私はたまたま、幼稚園がトシくんと一緒だったため、他の女子より少しだけ早く、トシくんと出会っていた。


富田さんもやはり、トシくんのことが好きだったと思う。
自分の発言を皆の前で否定され、たちまち泣きそうになった。
彼女にトドメを刺すように、トシくんは宣言した。

「ぼく、富田さんが捨てるところを見ました。」


空気が凍った。
(本当のことを言ってはいけない) 皆がそう思ったはずだ。
富田さんはついに泣きだした。皆はただ、レーズンが入ったゴミ箱を見ていた。
私は、ひたすら 「・・・」 とトシくんを見つめていた。

思いのほかこじれた事態に困惑した先生は、「次からは気をつけましょうね」とだけ注意して去っていった。
凍っていた空気が溶け、それぞれが抱くトシくんへの思いがただよっていた。


レーズンを捨てるのは、富田さんだから許される行為だった。
スクールカースト上位者の、権力の象徴だった。
強くなければ、捨てられない。では、レーズンを捨てれば強くなれるのだろうか。

一方、トシくんは、ヒーローとして、弱きを助け強きをくじくことが使命だった。
だとしたら。だとしても。


あの日、トシくんに言えなかった「・・・」。
レーズンを捨てたのは、私。
ウソつき。



■関連かもエントリ
私はどうすればよかったんだろう。
ネクラってたとえばどういうの?
私が聞き上手にならざるを得なかった理由
みんな、昔はドトールだった。