読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

べにぢょの日記

美人とギークが好き

花組『カリスタの海に抱かれて』『宝塚幻想曲』

明日海りおちゃん&花乃まりあちゃん、花組新トップコンビのお披露目公演。
みりおは春夏秋冬いつみても見目麗しいのう。

f:id:xlovecallx:20150613203617j:plain
花組公演 『カリスタの海に抱かれて』『宝塚幻想曲(タカラヅカ ファンタジア)』


『カリスタの海に抱かれて』 は、人気脚本家の大石静先生オリジナル。
オリーブが香る地中海の小さな島、カリスタを舞台に繰り広げられる、三角関係とフランス革命
幼なじみの男2人が同じ女性を好きになるも、友情と裏切りのはざまで揺れ動き、そこにナポレオンが参戦して一発逆転のハッピーエンドという、ヅカファンの乙女心をくすぐるストーリー。


f:id:xlovecallx:20150613203630j:plain f:id:xlovecallx:20150613203624j:plain

主人公のカルロ@明日海りおと、ヒロインのアリシア@花乃まりあが、出会って恋に落ちるシーンが本当に素敵。


フランス支配からの独立を願うカリスタの女戦士アリシア。男勝りで自分に正直。
かたやカルロは、かつて父がカリスタを裏切った見返りとしてフランス貴族の称号を得た男。
でも本当はカリスタの独立を願ってる。だからフランス司令官となった今、武器を横流しするという。

そんなカルロに、アリシアはドレスも横流ししてとねだる。
ふだんは男の子みたいなのに、きれいなドレスは着たいという。
「どこで着るんだ?」と聞けば 「あんたの前で着る!」 と無邪気な笑顔。
そりゃカルロもびっくりするわ! ついでに惚れるわ!! 勉強になります!!!

f:id:xlovecallx:20150613203632j:plain

♪驚きはときめきに変わり胸に刻まれる
もしかして これが恋?

この歌がもうエンドレス脳内再生。いいわあ。もしかして:これが恋? ©Google


しかし、話はそんなにうまくいかないわけでして。

f:id:xlovecallx:20150613203622j:plain

じつは、アリシアはカルロの幼なじみ・ロベルトの許婚なのです。
アリシア的には「親が決めたことじゃん!」だけど、ロベルトは本気でして。


あ、ロベルト役は、本公演から花組2番手のキキこと芹香斗亜ちゃん。

f:id:xlovecallx:20150613203620j:plain
ママが宝塚ホテルでバーやってて何度かお邪魔した。もう閉店しちゃったけど;;
キキちゃん、ホントいい男になったなあああ。最後、羽根背負ってたしなあああ。


閑話休題
ロベルトとの友情とアリシアへの想いで悩むカルロ。
しかし、幼いころ互いの腕に傷をつけて誓った男の友情は裏切れないと、ロベルトのためにアリシアを諦めようと決意。

f:id:xlovecallx:20150613203623j:plain


気が重いながらも、アリシアへ横流しするドレスをずた袋にぶち込んで、サンタクロースよろしく届けに行く。*1

f:id:xlovecallx:20150613203625j:plain

着慣れないドレスの背中を 「とめて」アリシア
このあたり、大石静流の萌え仕草サクレツですな!!!!


一方その頃、フランスでは民衆が蜂起してフランス革命が勃発。

f:id:xlovecallx:20150613203618j:plain
カルロはこの機に乗じて、無血でカリスタの独立を実現しようと奔走する。


f:id:xlovecallx:20150613203638j:plain

キーパーソンとなるナポレオンを演じるのは、柚カレーこと柚香光ちゃん
ひーーーん!! ナニこれ無理!トキメキ不可避! 柚カレーに犯されたい!!


ラストシーンでカリスタの大統領よりアリシアと生きる道を選んだカルロに、

f:id:xlovecallx:20150613203637j:plain

「この島より女の胸は広くて深い。ハッハッハー!」

ボナパルト司令官・・・明日海も苦笑・・・これはひどい・・・。


おおむねストーリーはこんな感じ。その他のみどころとしては

f:id:xlovecallx:20150613203627j:plain
カリスタのラスボス的な未亡人、アニータ@美穂圭子さま。存在感が月影千草
美穂姐の歌は間違いないからね! 芝居に飽きてきたころに銀橋で歌い、観客の目を覚ますというフリスク的な役割。(違


f:id:xlovecallx:20150613203628j:plain
カルロが好きなのにロベルトに愛されてうざいなーと思ってるアリシアに、カリスタの女ならロベルトを選べと冷酷に言い放つ。

「カリスタのために、ロベルトのものになりな」

「ロベルトに愛されたことをありがたく思いな」

「生きるってことは、諦めるってことさ」

ふ、深い・・・っ! 姐さん、名言です。有無を言わせぬ貫禄。
「アニータのバカ!」と泣き崩れるアリシア。花乃まりあちゃん熱演!


f:id:xlovecallx:20150613203619j:plain
そんなアリシアの兄貴が、セルジオ@瀬戸 かずやちゃん。ヒゲ!ワイルド!!


f:id:xlovecallx:20150613203621j:plain

「あいつを殺してしまえば、アリシアはお前のものだ」

「大切な妹をあのフランス野郎やりたくねぇんだよ」

とロベルトをそそのかしたかと思えば、

「カリスタが独立したら、ロベルト・ゴルジの名前は歴史に残る。
 だが俺の名は、残らねぇ」

といじけてみたり。そして結局なにもしないという。なんだよ!中途半端だな!w


f:id:xlovecallx:20150613203635j:plain

革命、裏切り、野心、葛藤、友情、愛情…といろいろありましたが、最後はみりおとまりあがくっついてハッピーエンド。
許婚に振られたロベルトキキと、渾身の名言をスルーされたアニータ・月影・美穂姐がかわいそうなので、キキちゃんアニータ抱いてやれよとおもいましたまる。


休憩を挟んでショータイム。『宝塚幻想曲』。
バスケのシーンがもう、めちゃくちゃかっこよくてドッキドキ!

f:id:xlovecallx:20150613203616j:plain
主役は最後にダンクを決めるキキちゃんだけど、敵チームの柚カレー先輩!
キレのあるダンスがカッコよすぎて目が離せない!!!
ヒロインまりあちゃんも柚カレーに目がハート。うん。あれはかっこよすぎた。


花組新娘役トップの花乃まりあちゃんは、綾瀬はるかに似てて可愛いー♪

f:id:xlovecallx:20150613203626j:plain
お芝居も上手だし、みりおちゃんの相手がいい娘で本当によかった^^


みりおちゃんは今回、花魁姿を披露。娘役もひれ伏す華美さはさすがのオーラ。

f:id:xlovecallx:20150613203633j:plain


もちろんスーツでビシっとキザる場面もあり、何をしてもソツがないみりお様。

f:id:xlovecallx:20150613203634j:plain


しかしバスケのときの柚カレー先輩が忘れられず、みりおより柚カレーに視線を持ってかれるううう////
f:id:xlovecallx:20150613203636j:plain


今回は幸運にも3列目で観劇できたので、大迫力の臨場感で最高に楽しかった!
新生花組のこれからに期待!



■みりおちゃん関連エントリ
花組『エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-』
花組『ベルサイユのばら―フェルゼンとマリー・アントワネット編―』(中日劇場)
花組『ラスト・タイクーン -ハリウッドの帝王、不滅の愛- 』『TAKARAZUKA ∞ 夢眩』
花組『愛と革命の詩-アンドレア・シェニエ-』『Mr. Swing !』
花組『戦国BASARA』(東急シアターオーブ)
月組『ベルサイユのばら』(2回目 / オスカル:明日海りお)
月組『ベルサイユのばら』
月組『春の雪』(バウホール)
月組『ロミオとジュリエット』
月組『アリスの恋人』(バウホール)
月組『バラの国の王子』『ONE』(2回目)
月組『バラの国の王子』『ONE』
映画版 月組『スカーレット ピンパーネル』(シネプレックスつくば)
月組『STUDIO 54(スタジオ フィフティフォー)』(日本青年館)

*1:この、彼女のことは諦めるのに約束したドレスは届けに行く真面目さと、女性へのドレスをボロいずた袋に適当に放り込む雑さが童貞感満載でスバラシイ