読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

べにぢょの日記

美人とギークが好き

みんな、昔はドトールだった。

馴染みのドトールにある日、閉店の告知。
数ヵ月後にはすっかり別人。オシャレなカフェに変身。

私は誘う。
ドトールだったカフェに行こうと。
ここにカウンターがあった、あのテーブルは変わっていない。

君は怒る。
ドトールだったことは忘れろと。
それはご法度、今はもう黒歴史だと。

心は叫ぶ。
みな↑ さーん↓ 聞いてくだ↑ さーい↓ ここはむかしー↓ ドトールでしたー↓
まるで小学生のように。

色黒の店員が帰り際、チケットを差し出し微笑む。
「よろしければ次回、お使いください」
おお、ジーザスクライスト。ここはすっかりドトールじゃない。
私は生き証人。だから忘れない。あなたが昔、ドトールだったこと。



行きつけのドトールがまた、生まれ変わった。
数ヵ月後にはシックなバーに。昔はドトールだったのに。

私はせがむ。
ドトールだったバーに連れてってと。
ここは確かにドトールだった。こんな時間には閉まっていた。

思い出がよぎる。
ドトールだった頃、ここであの子と語った。
あの頃は若かった。

君は言う。
おまえが行きたがる店、ぜんぶ昔ドトールだよな。
おまえが行きたがる店、ぜんぶ昔ドトールだよな。

まるでふかわりょうのように。

黒服のバーテンがワイングラスを差し出し囁く。
「昔、ドトールだった頃をご存知で?」
ああ、消されるのだろうか。アポトキシンでも入っているのだろうか。
私は生き証人。でも大丈夫。昔ドトールだったのはあなただけじゃない。

みんな、昔はドトールだった。



ドトール関連エントリ
男はみんな AV女優がすきなんだろうか
諦めたらそこでコミュニケーション終了ですよ

■似てるかもエントリ
おっぱいパブとエレベーター