べにぢょの日記

美人とギークが好き

ブログがつまらないほど中の人は可愛い説

”ネット上では自分のアドバンテージが無効化される” ということに気付いていない人が、つまらないブログを書いてる。と思っている。


芸能人のブログといえば、改行が多かったり自撮り写真をUPするだけだったり。
ようは、テキストコンテンツとしては中身が薄いものが多い。*1

それでも人気があるのは、言うまでもなく書き手が芸能人だから。
可愛いアイドルだったり人気タレントだったり、すでに書き手自身に魅力があるので、極端な話、何を書いても素敵なのだ。
「おはよー」 だけでも渾身の数千文字を凌駕する価値がある。
彼、彼女たちもそれを知っている。
他者を魅了するための最短距離を、人生経験から悟っている。


ブログがうすーーーーっぺらい人は、そういう人生を歩んできたのではないか? というのが私の仮説。
誰かを笑顔にするために、ただニコっと微笑めばよいだけの人と、脳内で何度もシミュレーションしながら面白い話を考えて、身振り手振りで一生懸命伝えてやっと笑いが取れる人と。*2

今までハードウェアで勝ち続けてきた人が、ソフトで勝負する土俵に立った時、身ぐるみ剥がされたことに気付かず、丸腰で挑んで訳も分からずノックアウトされてる印象を受ける。

だから、平気でつまらないブログを書き続けている人は、ネット上で無効化される部分でアドバンテージを受けてきた人ではないか、と思うのである。


言い換えると、ブログが面白い人は、今まで苦労して中身で勝負してきた人なので、つまり、中身だけで勝負してきた人なんじゃないかな!
私のブログなんてめちゃくちゃ面白いからね!ハハーン!!!なにをかいわんや!!!



■関連しそうなエントリ
「コミュ力」の正体
見た目よりも大切なこと
おまえは一生リア充にはなれない。
フラグを折っていいですか?
あのこのいやなところを探そう(私懇スイーツ)
「最近の若いおなごは文章力がない」
あなたのブログが読みたいの。
会いたくて会えなくてROMる

*1:もちろんすべてではない

*2:とはいえ、前者のスマイルも決して0円ではなく、あらゆる努力の結実だとは思うが、それを見せないのが白鳥たるゆえん!