読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

べにぢょの日記

美人とギークが好き

星組『黒豹の如く』『Dear DIAMOND!!』

いつかこの日が来るとは知っていたけれど、いざそのときを迎えても実感がなく。
太王四神記』で星組トップに就任してから6年。
柚希礼音ちゃん、あなたもついに宝塚を卒業するのですね...!!!

f:id:xlovecallx:20150414030041j:plain
星組公演 『黒豹の如く』『Dear DIAMOND!!』 - 宝塚歌劇公式ホームページ


もう1回観に行くので、とりあえず初見のざっくり感想。
黒豹は、芝居の内容は微妙だったけど、ラストシーンで全部持ってった!
f:id:xlovecallx:20150414030914j:plain

「じゃあ、行きます!」

と敬礼をしてきびすを返す礼音ちゃん。卒業演出。このシーンはやばい。
ストーリーの詳細は次回ね!


各登場人物の印象は…

”黒豹”の異名を持つ海軍参謀長のアントニオ@柚希礼音ちゃん
→ 圧倒的存在感。出てきただけで説得力ある。どうみても大スターです。
f:id:xlovecallx:20150414030039j:plain


アントニオの元恋人で未亡人*1のカテリーナ@夢咲ねねちゃん
→ ヒュー!ねねちゃんキャワイイよー!!(誰) 出番少なかった;;


カテリーナに迫るワケありの悪いやつアラルコン@紅ゆずる
オーシャンズのベネディクトのよう。ねねちゃんに強引に迫るシーンは風共バトラーの「くるみのように~」を髣髴とさせる。こういう役ハマるね!!(紅びいき)
f:id:xlovecallx:20150414030033j:plain
顎クイや壁ドンがサマになる3次元はなかなかいない。xlovecallx.hatenablog.com


真面目で融通の利かないアントニオの部下ラファエル@真風涼帆
→ らしい役柄。しかしますます頼もしくなってる!!!


怪しい動きをするアントニオの同期で親友のセバスチャン@十輝いりす
→ でかい!(物理)
実際、礼音ちゃんと同期だから「参謀長とは同期で親友ですよね!?(なのに裏切るんですか?)」と部下から詰め寄られるシーンでは、客席から笑いが起こっていた。
f:id:xlovecallx:20150414030037j:plain


アントニオの部下3人衆@壱城あずさ・天寿光希・礼真琴
→ 「ちょっとー待ってーちょっとー待ってーおにぃさんー♪」とラッスンゴレライ入れてきたりw 可愛くて和むトリオ。
f:id:xlovecallx:20150414030031j:plain


しまった、キリがない。続きは次回にゆずろう。
ショー!ショーめっちゃ楽しかったああああああん♪♪♪
f:id:xlovecallx:20150414030053j:plain

『Dear DIAMOND!!』
”柚希礼音自身をダイヤモンドに見立て、“DIAMOND”の頭文字Dに始まる、柚希を形容する言葉―Dance、Delicate、Dramatic、Dynamicなどをモチーフにした…”

って言ってるけど、私は知っている。Daisuke*2D でもあることを!!
礼音ちゃんが神輿に担がれたり、とにかく派手でパワフルなショー。星組らしい。
f:id:xlovecallx:20150414030047j:plain


客席降りで、礼音ちゃんがなんと2階席へ。
私は1階席だったので様子はまったくわからなかったのだけど、

「2階席盛り上がってるかーい?」「ばいばーい!!」

と元気に叫ぶ声を頭上で聞いて、とても礼音ちゃんらしい演出だと思った。
ファンをとても大切にしてる。すっごくいいこ!!!

さよならは言わないよ。また観に来るから!



■2回目
星組『黒豹の如く』『Dear DIAMOND!!』(2回目) - 4月8日

■礼音ちゃん関連エントリ
星組『The Lost Glory ―美しき幻影―』『パッショネイト宝塚!』(2回目)
星組『The Lost Glory ―美しき幻影―』『パッショネイト宝塚!』
星組『太陽王 〜ル・ロワ・ソレイユ〜』(東急シアターオーブ)
星組『眠らない男・ナポレオン ―愛と栄光の涯(はて)に―』
星組『ロミオとジュリエット』
星組『宝塚ジャポニズム』『めぐり会いは再び 2nd』 『Etoile de TAKARAZUKA』
星組『ダンサ セレナータ』『Celebrity』
星組『オーシャンズ11』(2回目)
星組『オーシャンズ11』(宝塚大劇場)
星組『ノバ・ボサ・ノバ』『めぐり会いは再び』
星組『宝塚花の踊り絵巻』『愛と青春の旅だち』
礼音ちゃんと完全に目が合った!(と思う)前楽!
星組『ハプスブルクの宝剣 −魂に宿る光−』『BOLERO』
星組『太王四神記 Ver.II』

*1:家庭の事情で金持ちと結婚したが毒殺されて死んだ

*2:作・演出の藤井大介氏