読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

べにぢょの日記

美人とギークが好き

誰かを好きになった瞬間を私は覚えている

生態図鑑 宝塚

いつのまにか、なんとなく…とは言うけれど、本当は覚えている。
いつ、何がきっかけで好きになったかを。


好きになる瞬間というと、「キュン」 とか 「ドキッ」 という
イメージがあるが、私の場合、あえて言葉にするなら 「へぇ」 である。
それも 「3へぇ」 とか 「5へぇ」 といった連打系「へぇ」 ではなく、
よぉーく考えないとこれが 「へぇ」 というたぐいの感情であると
気付かないレベルの、とてもささやかで心地よい新発見。


「へぇ」 ボタンが押されると世界が変わる。
ちょうどスーパーマリオのスター状態みたいに。気持ちが無敵になる。
けれど、スター効果はじきに消える。
消えたらどうなる。そのあとは?
それは、スター状態のときに ”スター状態” であると自覚してるかどうか、
次第かなあ。わかんない。
ただ、少なくとも自覚が 「ある」 と 「ない」 とではぜんぜん違う。
「なんだかよく分かんないけど急に冷めちゃった」 という現象は、
スター状態と気付かぬうちに効果が消えてしまった結果の悲劇な気がする。


なので、自覚しようと思うんだ。
私はいつから ”あの人にスター☆” なのか。
ある人のことが好きで好きで、いつからこんなに好きになっちゃったのか
ずっと考えてる。



宝塚花組トップスターの蘭寿とむさんのことが、好きすぎてつらいんです。


うん、「また」 なんだ。済まない。
でも、このタイトルを見たとき、君は、きっと言葉では言い表せない
「ときめき」 みたいなものを感じてくれたと思う。
じゃあ、始めようか。
※以下は自分用の記録、スターが消えても蘭とむが好きであることの証明なので
読まなくても支障ないです。逆に読んだら支障あるかもしれません。


まったく興味なかったのに、どうしてこんなに夢中になってしまったのか。
何がはじまりだったかとさんざん考えて、わたくし思い出しました。
琥珀だわ。『琥珀色の雨にぬれて』のときのジゴロ、ルイ。
私が宝塚にハマるきっかけとなった、春野寿美礼さんのDVDボックスに入ってた。
(きゃあ!オサ*1さま寿美礼さまー♪) とワクワクしながら観たら、
思わぬ人に興味を惹かれ、新たな一面を知って 「へぇ」 と思ってしまった。
そう、押しちゃったんです、「へぇ」 ボタン。裏も取れました。

私のツイートに初めて 「蘭とむ」 という単語が出てきた日。2012年2月22日。


翌日。というか初出ツイートの深夜。どうしようもなくなるの早いな!

シャーリラシャリラシャラルラー♪ 寝ても覚めても蘭寿とむ!

われに返る。たぶんここでスター効果が消えた。

スターが消えても好きだった。この気持ちは本物。目玉にかけて誓う!!

4か月も前の id:yappo のエアリプライ掘り起こす私のやっぽ愛どうよ!
このエントリ書くのにこれ探すのがいちばん時間かかったw
めんしょんくれてればこんなに手間かからなかったのに!バカ!ばか!ハゲ!!
亀レスだけどいま答えるわ。2012年2月22日からラブだった///////


ということで。
私はいつからどうして蘭寿とむさんのことがこんなに好きになったかを思い出して、
これは真実の愛だと確信した!というノロケでした。
蘭寿恋しやホゥヤレホ。とむ様恋しやホゥヤレホー。



■蘭とむ関連エントリ
花組『ラスト・タイクーン -ハリウッドの帝王、不滅の愛- 』『TAKARAZUKA ∞ 夢眩』
↑ 退団公演!!
花組『愛と革命の詩-アンドレア・シェニエ-』『Mr. Swing !』
花組『戦国BASARA』(東急シアターオーブ)
花組『オーシャンズ11』
花組『サン=テグジュペリ』『CONGA(コンガ)!!』
花組『復活 −恋が終わり、愛が残った−』『カノン』
花組『ファントム』 (2回目・千秋楽)
花組『ファントム』
宙組『TRAFALGAR(トラファルガー)』『ファンキー・サンシャイン』