読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

べにぢょの日記

美人とギークが好き

宙組『白夜の誓い』『PHOENIX 宝塚!!』(宝塚大劇場)

宝塚

かなめさんの退団公演。聖地・宝塚大劇場でお見送りします!


↑逆光っぽいのは撮影しくじったわけではなく、そういう写真なのだ。

宙組公演 ミュージカル『白夜の誓い―グスタフ三世、誇り高き王の戦い―』

トップお披露目の銀英伝ラインハルトベルばらのオスカルと、金髪には定評があるかなめさん。

最後に演じるのはスウェーデン国王・グスタフIII世。
今回もため息が出るほどの美しさ。眼福! gnpk!!


舞台は18世紀のヨーロッパ、登場人物はキラキラ貴族たち。豪華絢爛。

左はグスタフの初恋の人、イザベル@伶美うららちゃん。身分違いゆえ結ばれず。
右は政略結婚で妻となるソフィア@実咲凜音ちゃん。
最初は不本意ながらもしだいにグスタフを愛し始める。が、伝わらなかったりで。
最後くらいは大恋愛させてあげてもよかったよなトップコンビ。


どちらかというと、かなめさんと一緒に退団するキタロウ@緒月遠麻くんとのBL絆モノっぽい。
ラストシーンは太王四神記の「君が王なら…」銀英伝の 「宇宙を手に…」を彷彿とさせる。


始まってまだ間もないうちから予感はしていた。閉幕後、認めざるを得なかった。
(やばい・・・・・面白くない・・・・・・)

かなめさんと緒月遠麻くんは非常に重要な関係で、テルキタ欲は満たされたが。

もっとあっただろ!キタロウが最後に演じる役、もっと彼女らしいのあったやろ!


次期トップが発表されている朝夏まなとちゃんはもうすっかり堂々としていて。
ショーではみりおんとエトワールしたりで、引き継ぎ感バシバシ。
花組コンビ、がんばー*\(^o^)/* バウの『CODE HERO』で組んでたね懐かしいw


こうして紳士な所作でクールに淑女の手を取るかなめさんを見るのもこれが最後なのですね…
この人はやっぱ、冷たさが魅力なんだよなー。
星組時代はヘタレキャラもあったが、宙に来てからの忍びやラインハルトは最高。


あ、この服TERUっぽいwなんて思いながら昔のGRAPH見たらテル激似で吹いた。



芝居は私的にはいまいちだったけど、ショーは藤井大介大センセーなので超期待。
楽しくないはずがなーい!!


「約束しよう いつかまた出会えると」

という歌詞で、いきなりちょっと泣きそうになる。
そうだ、かなめさんは卒業しちゃうんだ。宝塚の舞台ではもう見られないんだ。

しかしこの主題歌はノリノリで冒頭から一気にワクワクヒートアップ!

「孤独だっていい~じゃ~なぁ~い♪ 自分が赤く燃えていれば
 涙だっていい~じゃ~なぁ~い♪ 自分が熱く生きていれば」

もうお分かりかと思いますが、この「いい~じゃ~なぁ~い♪」 がクセになるw

かなめファンの心をグッとつかむオープニングから、場面は変わってコミカルテイスト。
(あんさん、かなめはんにコスプレさせたかっただけちゃう?)と思いつつ、くるくるいろんなお衣装で美しさを振りまくかなめさん。美貌のバーゲンセールや!

そしてそしてーーー!あの人間国宝、世界遺産が再び!
さすがダイスケ先生、私たちがみたいものをよおーく心得ていらっしゃる。
凰稀かなめの美脚に金貨で150ドルうううううう!!!!
ショーは最高!どんなに元気がないときでも、これ見るだけでテンション上がる!

かなめさん、今までありがとう。お疲れさまでした!
あなたの圧倒的な美しさ、忘れません!!!



■かなめさん関連エントリ
宙組『ベルサイユのばら―オスカル編―』(2回目・役替わり:Bパターン)
宙組『ベルサイユのばら―オスカル編―』(役替わり:Aパターン)
宙組『風と共に去りぬ』(2回目)
宙組『風と共に去りぬ』(宝塚大劇場)
宙組『モンテ・クリスト伯』『Amour de 99!!-99年の愛-』
宙組『銀河英雄伝説@TAKARAZUKA』
宙組『華やかなりし日々』『クライマックス』
「銀河英雄伝説」の宝塚版クルー!
宙組『ロバート・キャパ 魂の記録』(日本青年館)
宙組『クラシコ・イタリアーノ』 『NICE GUY!!』
宙組『美しき生涯』『ルナロッサ』