べにぢょの日記

美人とギークが好き

おっぱいパブとエレベーター

おっぱいパブはアングラな店ではないので、普通のビルの5階に入ってたりする。
よく行く店が、そのビルの7階にあった。


エレベーターで男性と一緒になる。
「何階ですか?」 と聞く。やや間をおいて 「5階です」 と答える。
(ああ、おっぱいですね。) と心でうなずき5階を押す。
5階というのは、このビルにおいてはおっぱいの隠語である。


5階。5階とはこんなにも遠かったか。
今からおっぱいへ行く人と、おっぱいへ行くことを知っている私。
私におっぱいへ行くことを知られていると知っている人と、
おっぱいへ行くって知ってること知ってるんだろうなーと思ってる私。
ああ5階。5階とは、5階であってときに5階以上である。


7階で乗り込んだエレベーターが5階で止まる。
(おっぱいした人が乗ってくる) としぜん緊張が走る。
おっぱい嬢に見送られ、頬に笑みを残したままエレベーターに乗り込む男性。
閉まるドア。ここは5階。ああ5階。
今おっぱいを触ってきた人と、おっぱいを触ってきたことを知っている私。
私におっぱい触ってきたことを知られていると知っている人と、
おっぱい触ってきたって知ってること知ってるんだろうなーと思ってる私。
ああ5階。次に扉が開いたときは、この人はきっと別の顔。覚醒の降下。
私だけが知っている。あなたの秘密。私と、このエレベーターだけが。



■関連エントリ
エスカレーターとエレベーターを区別する方法