読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

べにぢょの日記

美人とギークが好き

LINE乗っ取りって本当にあったんや…

聞いて聞いて

数メートル離れたデスクに座ってる同僚から、仕事中に LINE が来た。
この距離にいるのに声を掛けずに LINE なんて、あらたまった話でもあるのかと。
デートの誘いか、もしくはデートの誘いだろう。と思い、タモリ風に返してみたのだが。

「6万円分ほしいので、
 1万円のカードを6枚買っていただけないでしょうか?」

えっ、今ごろLINE 乗っ取り詐欺の真似? 古くない? 絡みにくいんだけどwww
とりあえずテンプレで 「天安門」 と答えておいた。
その後レスなし。まぁ仕事中だし忙しいのかなと。さほど気にせず。


その小一時間後、ウォーターサーバー前で偶然、その同僚と会った。

「あのー、僕、LINE が・・・」

「ねー!さっきのなにーw ねー天安門でよかった?合ってた?
 どんなレス求めてた? 私に? もーびっくりして考えちゃったよー!
 変なのーw 急にどうしたのーww」

「え、なに言ってんのww 逆になに言ってんの?」

「えっ!  …えっ? ねぇ、ほらさっき、さっきのだってば。えっ?」

「僕、LINE 乗っ取られたんです」

「ひぃぇぇえーーー??? え、ホントに? そんな人、本当にいるんだー!
 やだー!生で初めて見たー!!!ちょっ、握手してくださいっっ!
 うっそー!冗談だって触んないでー!ばっきんばーりあー!!!」

「なんかめちゃくちゃ楽しそうなんで僕も楽しくなってきました。
 さっきまでガチ乗っ取りされてだいぶ凹んでたんですが」

「やー、めったにあることじゃないよー。どうしてそうなったのー。
 えー! 本当にあるんだねー! ていうか大丈夫だったのいろいろと?」

「引っかかった人いないんで大丈夫です。
 どうやってみんなに謝ろうかって欝だったんですが、
 なんか元気でたんでありがとうございます」

「やー! もうちょっとー! ウケるーwww
 ていうかどうして(以下略)」


話には聞いてたけど、私はあまり LINE を使ってないので、
ガチで乗っ取られた人を初めて見た。
こんなのインターネットの向こうの話だと思ってた。
でもインターネットの向こうってどっちだろ。こっちかもしれない。


※その後、彼のアカウントは凍結されました。
 もう LINE は使わないそうです。残念だけど、そうなるよね。ていうか以下略



■関連するかもエントリ
「あれれー?既読になってるのに返事がないぞー?」LINEはバーロー量産アプリ
mixi同級生のブリブリ詐欺について
告白されたときのリアクション