読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

べにぢょの日記

美人とギークが好き

星組『The Lost Glory ―美しき幻影―』『パッショネイト宝塚!』(2回目)

急きょ行くことになり、蘭とむifiからはしごで柚希礼音w
ざっくり計6時間、舞台観るって大丈夫か!? どっちもリピだし!?
って心配してたけど、どっちも素晴らしい舞台なのでまったく問題なかった!

前回)星組『The Lost Glory ―美しき幻影―』『パッショネイト宝塚!』 - 2014/9/6


悪い礼音ちゃんは、シビれます。礼音ファンはたまらないだろうなー。

こんなに険しい眉間は大空祐飛ちゃんの専売特許だと思っていたがw



ゆずるんをたぶらかす礼音ちゃん。めっちゃ悪い顔してます。



トドロキングがねねちゃんの手を取って寝室に消えていくラブシーン、
デジャヴ感あると思ったら『第二章』でも同じようにベッドに連行してたねw
ああいう大人の男しかできないリードの仕方はさすがだなああ。



それに比べて元カレ紅さまの阿呆なこと…!
ねねちゃんがハイスクール時代に付き合ってた絵の家庭教師。
礼音ちゃんにそそのかされヨリを戻せるとその気になり全財産を株に突っ込んで
大損してもう失うものないとキレて礼音ちゃんをバンバン打って殺しちゃう。

「人は見たいものだけを見、信じたいものだけを信じる」

という礼音@イヴァーノのセリフがよぎる。
これはかつて、暁のローマカエサルを演じた轟さんが同じことを言ってたね。


嫉妬の種を植え付けられたトドロッキーは、妄想に悩まされる。

「天使と崇めた人の正体が、多情な淫売女だったとは…」

居並ぶ男たちと順番に踊っていくねねちゃん。
今回、礼音ちゃんと相思相愛のカップルとして絡むシーンはないのだけど、
轟の脳内ではガッツリ組んでタンゴ。
ちえねねのカップリングがタブーというドキドキ感、新鮮!


その他、印象に残ったのは伝説の靴磨き氏、礼真琴ちゃん。

”伝説の靴磨き”とは、たいそうな名前が付いてますなw
紅さまの全ツ『風とともに去りぬ』ではスカーレットを演じるそうなので、
大変楽しみにしております!!!!!!!!!!


ショーは前回同様、礼音ちゃんの踊りと紅さまのクルーズが見どころかなー。

今回は 「笑っていいとも」 でタモリがやる 「パンパパパン」 ってアドリブ。
「やってみたかっただけです」 by 紅ゆずる


それと後半の礼音&ねねちゃんのお衣装。心なしかヤンキースタイル。


ともあれ、2回観られた私はとても幸せです。ありがとうワールド!



■礼音ちゃん関連エントリ
星組『The Lost Glory ―美しき幻影―』『パッショネイト宝塚!』
星組『太陽王 〜ル・ロワ・ソレイユ〜』(東急シアターオーブ)
星組『眠らない男・ナポレオン ―愛と栄光の涯(はて)に―』
星組『ロミオとジュリエット』
星組『宝塚ジャポニズム』『めぐり会いは再び 2nd』 『Etoile de TAKARAZUKA』
星組『ダンサ セレナータ』『Celebrity』
星組『オーシャンズ11』(2回目)
星組『オーシャンズ11』(宝塚大劇場)
星組『ノバ・ボサ・ノバ』『めぐり会いは再び』
星組『宝塚花の踊り絵巻』『愛と青春の旅だち』
礼音ちゃんと完全に目が合った!(と思う)前楽!
星組『ハプスブルクの宝剣 −魂に宿る光−』『BOLERO』
星組『太王四神記 Ver.II』