読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

べにぢょの日記

美人とギークが好き

『ifi(イフアイ)』(2回目・Bバージョン)

※感情順に書いてるので支離滅裂ですが最終的には説明します(たぶん

「約束なんかしなくたって、ずっと一緒にいるじゃない。」

そう思って言わなかった言葉。
でも一緒にいた相手はもういない。思いは永遠に伝えられなくなった。

「if I said...もしもずっと一緒にいてほしいって言ったら、
 君は約束してくれる?」


これがAバージョンだった。そして本日のBバージョンはまさかの逆展開で。

「if I said...もしもずっと一緒にいてほしいって言ったら、
 あなたは約束してくれる?」

結論から言うと、蘭とむ死にます
おい!ちょっとびっくりしただろが!!
結末が違うとは聞いてたけど!それは承知してたけど!
蘭とむが殺されるなんて聞いてない!!!
とむ撃ったやつ表出ろ。NYのヤンキーだろうが許さんよ。シメんぞ!オラオラ!


ええと、『ifi』 2回目。Bバージョン。
特典DVD付きチケット発売とのことで急きょ追加観劇。
初回観劇)『ifi(イフアイ)』(Aバージョン・青山劇場) - 2014年9月11日


初回は蘭とむに興奮して変態全開だったので、あらためてストーリーを解説すると…
インディペンデント映画の監督として、仕事に夢中なユーリ@蘭寿とむ。
恋人であるカメラマン・ヒロ*1との約束もすぐ忘れる。

「いっけない、映画に投資してくれそうな人とのディナー入れちゃった。
 有名レストランも星も逃げないわよ。」

と、約束をあっさり延期。
レストランも星もなくならないけど、一緒に行く相手はいなくなってしまった。
それも、自分のせいで。もしあのとき、違う選択をしていたら…?


ヤンキーの喧嘩を見かけたユーリはとっさに、ヒロのカメラで撮影を始める。
「撮るなら今でしょ」(古w)と、ヒロが止めてもカメラを回し続ける。
キレたヤンキーがヒロを集団でボコって、ついに彼は死んでしまう。
もしもあのとき、カメラを止めていれば。ヒロは死ななくて済んだ…?


ヒロの弟@パク・ジョンミンが経営する「This or That」に現れる怪しい占い師。
演じるのは日本が誇る世界的トップダンサー、ケント・モリ!

この方、何をするにも動く、踊る。セリフもパントマイム。
そして本気で踊るときは客を煽るw カモン!カモーン!ってノリで手拍子要求w
嫌いじゃなーーーーい!っていうか大好きです!!ケント・モリいいわー!!!


もうケント・モリと蘭とむ結婚してくれないかな(真顔)。
ケンモリになら、とむを嫁にやってもいい。
あっ、でも結婚したらモリとむ? って、とむは本名じゃなかったね>w<
暴走ついでに書いておくと、ケント・モリってmalaさんにちょっと似てる。
  



閑話休題
占い師ケンモリに勧められた小瓶を一気飲みしてifiの世界へいくユーリ。
大きく「Movie」 の文字、そこから i を消して「move」
「自分を消して他人の心を動かす」 とケント・モリがムーヴしながら語りかける。
「devide or combine」 「to be or not to be」 「FWD or REW」 「Play or Stop」
次々と迫られる選択、刻々と過ぎていく時間。


しかしそんなことより蘭とむの話していいッスか!?
「エステュディオ」の世界、白タイトワンピで歌う蘭とむがめたくそ可愛い!!!!!
曲は「go to mars」。あっかいーゆーめー♪ もやーしーてぇー♪
ちょうどありましたよこのシーンが Youtube に!Youtube は素晴らしいな!

パク・ヨンジュンくんと客席に降りる。パクくんも2度見たら好きになってきた♪


あとはとむ様のおへそね。
初回のときもシースルーの下からへそが見えてて興奮したけど、
今回シースルーの布地すらなく!生へそ!!私を殺す気か!?刺客か!!??


惜しむらくは、Aバージョンのラストで流れるユーリの映像がなかったこと。
ヒロがこっそり撮影してた、という設定なので、ユーリ死亡のBでは逆。
ユーリがこっそり撮影したヒロ映像が流れる。
Aでは、この蘭とむが悶絶級に可愛かったのですよ!

「このバスタオル、2人で買ったんだよねー。捨てられないなぁ・・・」

そしてバスタオルをぎゅっ。私の人生投げ打って今すぐバスタオルになりたい。
「いつの間にこんなの撮ってたの・・・」 とつぶやく蘭とむ。
そこでカメラ目線の撮り手。Aではヒロ、Bではユーリ。
「if I said...もしもずっと一緒にいてほしいって言ったら、
 君は(あなたは) 約束してくれる?」
Aではこのシーンはじーんと胸に迫る泣きどころ。私はユーリ目線なので。


リピしての新発見は、パク・ジョンミンくんの魅力かなー。

ユーリもイイコト言うヨネー。
「レンズの角度を変えたら、世界はビューティフルになる」

セリフが見方によってはルー大柴っぽいけどパクくんキュートだから許す。


カーテンコールでは、やすくんこと橋田康さんの29歳の誕生日だったらしく。

ラスタ・トーマスさんに肩車されて、お祝いのつもりかリンゴや椅子を持たされw
みんな仲良しなんだなーと思った。
「もうここ最高です」 と蘭とむが言ってたけど、蘭寿さん、あなたが最高です!!


今回、特典DVDがもらえるというのでそれ目当てで行ったんだけど。
もう1回行きます。らんとむにぞっこん。



■ifi 関連エントリ
『ifi(イフアイ)』(Aバージョン・青山劇場)
蘭とむさん 『ifi (イフアイ)』 (青山劇場 2014/09/7昼)らくがき感想 - 妄想レポ倉庫 - 絵が描ける人すごい!


■宝塚時代の蘭とむ関連エントリ
宝塚を卒業する花組トップスター・蘭寿とむの出待ちをしてみた
花組『ラスト・タイクーン』『TAKARAZUKA ∞ 夢眩』(前楽・蘭寿とむサヨナラショー)
誰かを好きになった瞬間を私は覚えている
花組『ラスト・タイクーン -ハリウッドの帝王、不滅の愛- 』『TAKARAZUKA ∞ 夢眩』
花組『愛と革命の詩-アンドレア・シェニエ-』『Mr. Swing !』
花組『戦国BASARA』(東急シアターオーブ)
花組『オーシャンズ11』
花組『サン=テグジュペリ』『CONGA(コンガ)!!』
花組『復活 −恋が終わり、愛が残った−』『カノン』
花組『ファントム』 (2回目・千秋楽)
花組『ファントム』
宙組『TRAFALGAR(トラファルガー)』『ファンキー・サンシャイン』

*1:Aバージョンではジュリアン、Bバージョンでは黒川拓哉