べにぢょの日記

美人とギークが好き

星組『The Lost Glory ―美しき幻影―』『パッショネイト宝塚!』

キングとスターの競演!
宝塚歌劇団のドン・轟悠さまと、トップオブトップの柚希礼音ちゃん。
100年に一度の夢の共演を見ずに死ねますか?シネマ船!!


星組公演『The Lost Glory ―美しき幻影―』『パッショネイト宝塚!』



轟悠さまの強さが圧倒的すぎてフリーザに見えるw
そして後ろに控えるザーボン礼音とドドリア夢咲…
という悪夢はさておきw


『The Lost Glory』 はシェイクスピアの「オセロー」を現代風にアレンジしたストーリー。
アメリカンドリームを実現し、富と栄光とニューヨーク一の美女を手に入れた男、オットー(=オセロー)@轟悠
彼の妻となるのが若く美しい名家の令嬢、ディアナ(=デズデモーナ)@夢咲ねね。
そして、生まれながらに劣等感を抱き、他人を信じきれず憎しみに生きる野心家、イヴァーノ(=イアーゴー)@柚希礼音!


自分を信じてくれた相手を信じきれず、取り返しのつかないことをしたことに気付き、己の弱さを悔やみながら息を引き取る。

嘆きながら、羨みながら、大粒の涙を流す礼音ちゃんが真に迫っていて心に響いた。


今回は轟&夢咲がカップルなので、礼音ちゃんとの絡みがタブーのようでひやひやw
するのが新鮮っ!!!
あと印象に残ったのは・・・
真風さん:優柔不断でヘタレてるのは毎度おなじみw
紅ゆずるん:うん、まあ可もなく不可もなく。ショーがよかったからOK!
轟悠:ほうれい線が一段と深くなっtおや誰か来たようだ…(消されるぞ!




『パッショネイト宝塚!』は、ダンサー礼音が炸裂。さすがもさすが。
黒塗り裸足で踊るシーンは、生で見ると息するのも忘れる迫力だよ!
 


そんな名シーンもあれど、私は紅さまのジャングルクルーズが好きー♪

「あついねー!どうです?アマゾンクルーズ楽しかった?いぇい!
 マエストロもイェイ!って言ってるー!」

まさに劇団放し飼いだなwww
スイカ氏が以前「紅ゆずるは上沼恵美子に似てる」と言ってたの思い出した。


退団を発表した礼音ちゃん、残り少ない時間を完全燃焼で駆け抜けるパワー。
もういまめっちゃいい時期だよ!礼音ちゃんの宝塚人生でいちばん輝いてるときだよ!
ということで、もう一回行きます\(^o^)/



■2回目
星組『The Lost Glory ―美しき幻影―』『パッショネイト宝塚!』(2回目) - 2014年9月18日


■礼音ちゃん関連エントリ
星組『太陽王 〜ル・ロワ・ソレイユ〜』(東急シアターオーブ)
星組『眠らない男・ナポレオン ―愛と栄光の涯(はて)に―』
星組『ロミオとジュリエット』
星組『宝塚ジャポニズム』『めぐり会いは再び 2nd』 『Etoile de TAKARAZUKA』
星組『ダンサ セレナータ』『Celebrity』
星組『オーシャンズ11』(2回目)
星組『オーシャンズ11』(宝塚大劇場)
星組『ノバ・ボサ・ノバ』『めぐり会いは再び』
星組『宝塚花の踊り絵巻』『愛と青春の旅だち』
礼音ちゃんと完全に目が合った!(と思う)前楽!
星組『ハプスブルクの宝剣 −魂に宿る光−』『BOLERO』
星組『太王四神記 Ver.II』