べにぢょの日記

宝塚歌劇の観劇感想などなど

月組『ベルサイユのばら』

う、美しい!美しすぎて目が!目がぁぁぁあああ!!!

宝塚歌劇 月組公演『ベルサイユのばら』−オスカルとアンドレ編−


来ました!出ました!ベルばらですよ!!
龍真咲×明日海りおのベルばらなんて、ウニ×イクラ、フォアグラ×トリュフを超える、贅沢極まりない至福の組み合わせ。

美列物陳列罪で逮捕されるぞ!!!!!


まさおちゃん*1の色っぽく艶のある声が、オスカルに実にマッチしていてブラボー!
まさおちゃん、歌うように話すのね。
セリフの一つ一つがメロディアスに響く。
立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合…否!
白薔薇の花!!!


まさオスカルもみりアンドレも実に美しい!
美しすぎて、目がムスカです><

この写真のアンドレはちょっと子供っぽさが残ってるけど、オスカルのワインに毒を入れて叶わぬ愛を告白するときのみりお*2といったらもう!
察してください//


私は過去のアレコレソレなどさんざんやらかしてる点からご推察の通り、原作 「ベルサイユのばら」 を心から愛してやまないわけですが、宝塚随一の美しさを誇るみりお&まさおが再現するベルばらは本当に素晴らしく、万感の思いで開演5分で涙ちょちょぎれました( ;Д;)


そして、やっぱりアンドレ死んダーーー/(^o^)\
「見えないのに、なぜついてきたぁぁーーー!」
それでこそアンドレだけど!だけど!!!

ああ!みりおアンドレは死ぬときも美しい...!!!
死に際も劇的に美しく。それがタカラジェンヌ


我らがオスカル様の、死に際の中途半端な「フランス…万、歳…っ」は、最高の見せ場なのに、やはりちょっと笑ってしまうw

なんというか、死ぬ時のマリオ感…w
f:id:xlovecallx:20190514115512p:plain


美しい話はこのくらいで自重するとして><
アラン役の星条海斗ちゃん。
荒くれ具合が実にアランっぽくてイイ!

「ザケんじゃねぇゼー!!」
がロックすぎて、荒くれにもほどがある!!


目も鼻も口もパーツのすべてがでかすぎる*3美弥るりかちゃんはベルナール。

妻を大事にする知的な優男という、今までに見たことないかも?な、みやるりちゃんの新たな一面。


その妻ロザリー役は、娘役トップの愛希れいかちゃん
今回は出番が控えめだったけど、顔ちっちゃくて可愛らしいロザリーだった^^


そしてラストは、話題のコレねw
客席にせり出す空飛ぶ馬車。

高さ3.6メートルまで浮上するそうな。
お2人とも安全のため腰にベルト巻いてたw


まさおちゃんもみりおちゃんも大変美しくて、がっかりポイント皆無!
役替わりのみりオスカルは、さぞや美しいことだろう・・・と思いながら見てた。
私は!美しい女の人が、大好きです!!!!!!


■役替わり:みりおオスカル版
xlovecallx.hatenablog.com



■まさおちゃん & みりおちゃん関連エントリ
月組『春の雪』(バウホール)
月組『ロミオとジュリエット』
月組『アリスの恋人』(バウホール)
月組『バラの国の王子』『ONE』(2回目)
月組『バラの国の王子』『ONE』
映画版 月組『スカーレット ピンパーネル』(シネプレックスつくば)
月組『STUDIO 54(スタジオ フィフティフォー)』(日本青年館)

*1:龍真咲の愛称

*2:明日海りおの愛称

*3:※ただし顔は小さい