読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

べにぢょの日記

美人とギークが好き

宙組『銀河英雄伝説@TAKARAZUKA』

ビジュアルが神!!!
かなめさん、あらためてトップ就任おめでとうございます♪

宝塚歌劇 宙組公演『銀河英雄伝説@TAKARAZUKA』


宝塚で銀英伝をやると知ったのは半年前。この日をどれほど待ちわびたことか…。
超人気小説の舞台化とあって、ヅカファン以外からの注目度も高かった。
かなめさんなら、ビジュアルで原作ファンの期待を裏切ることはなかろう…
と安心していたが、裏切るどころかラインハルトすぎてもう泣いちゃう><


冒頭のアスターテ会戦のシーンで 「もう少し勝ちたかった…っ!」 と
悔しそうに言ったかなめさん。ああ、これは完全にラインハルトだ、と思った。
気高くて負けず嫌いで、キルヒアイスの前で子供みたいに悔しがるラインハルト。
このセリフひとつでかなめさんは早くも原作ファンの心をさらい、
この瞬間に私はかなめハルトの成功を確信したのであった。



舞台はオーベルシュタイン@悠未ひろさんの語りで始まる。
おい!オーベルシュタインがイケメンすぎるぞ!けしからん素晴らしい!!


登場人物が多く、導入部が分かりにくい長編小説を2時間半にまとめるとあって、
さぞ大変だったと思うが、そこはさすがの小池大先生。
小池先生あっての宝塚でございます!小池修一郎はスベらんなー!!!


とはいえ、原作と違う部分もちらほら。
意外だったのは、皇帝が話の分かるまさかのイイやつ設定っていうw
ラインハルトの野心もすべてお見通し。
死の間際に彼を呼び、帝国の未来を託して息を引き取る。


原作を知らない人のために、中立派であるフェザーンルビンスキー(頭髪アリ!)
@鳳樹いちちゃんが、物語の節目節目でスクリーンを使い、人間関係などを解説。
なにげ大抜擢じゃなかろうか。出番多いし、いい役だと思う。


同盟軍のヒーロー・ヤンを演じるのは、雪組から来たキタロウこと緒月遠麻くん。
ヤンはキタロウくんのキャラに合ってて違和感ナーーーシ!


ラインハルトの次にオイシイ役、キルヒアイスは、花組から来たまなとくん。
まなとくん大出世すぎないかwww赤髪似合うね!
写真すごくかっこいいけど、動くとまなと丸出しw*1


ヒロイン・ヒルデガルドは、同じく花組から来た実咲凜音ちゃん。
みりおんちゃんは歌がよかったね^^(女の写真は省略)(みんな女だけど)



それにしてもゴーーーージャス。
舞台演出もまさに ”スペース・ファンタジー”。
軍服の男たちが華麗に踊りまくる戦闘シーンは拝みたくなるほどに眼福w
追いかけたい人が多すぎてもったいなやもったいなや・・・・;;
かなめさんの足の長さよ、スタイルのよさよ!帝国軍バンザイ\(^o^)/


惜しむらくは、印象に残る歌がなかったこと。帰りに口ずさみたくなるメロディもなく。
一本モノのミュージカルなのに歌が少なかった。(お歌が微妙だからかー!)
あとは、双璧ロイエンタール&ミッターマイヤーの見せ場がなかったこと。
これはしょうがないかなー><
「女と勝利は向こうから俺によって来るんだ」 というロイエンタールのセリフは
ときめいた/// 双璧主役の番外編も観たいなあああ!


それと、ラインハルトはもっとキルヒアイスの前髪をいじるべきだった><
この絡みはしつこいくらいに入れてほしかった><><
でも 「宇宙を手にお入れください」 が入ってたことは高く評価したい(・∀・)


以前、見かけたかなめさんのインタビューで、ラインハルトの瞳を再現するにあたり、

カラコンだと前が見えない。これじゃ、私の視力が…と思ったので、
 メークで工夫していきたいと思っています」

ウルフになる 宝塚宙組・凰稀かなめ - プレシャス!宝塚

と話していたので、どんな工夫をするのかなー?ってちょっと楽しみにしてたら、
ブルーのアイシャドーが尋常じゃなくすごかったw
でも本当に綺麗だったよー。アイスブルーの瞳、クールな雰囲気、魅惑すぎる!



かなめさん、お披露目公演がこんなにもぴったりの役で幸先イイですな!
今回の舞台はホント、満を持しまくった感があるw
ロバート・キャパとはなんだったのか…黒歴史じゃまいか…?


うーん。もういっかい観たい。チケット取れないけど><
つべにあったので貼っておく!



■かなめさん関連エントリ
宙組『華やかなりし日々』『クライマックス』
「銀河英雄伝説」の宝塚版クルー!
宙組『ロバート・キャパ 魂の記録』(日本青年館)
宙組『クラシコ・イタリアーノ』 『NICE GUY!!』
宙組『美しき生涯』『ルナロッサ』


■緒月遠麻くん関連エントリ
雪組『Samourai(サムライ)』(日本青年館)
雪組『仮面の男』『ROYAL STRAIGHT FLUSH!!』(千秋楽・宝塚大劇場)


朝夏まなと&実咲凜音ちゃん関連エントリ
花組『復活 −恋が終わり、愛が残った−』『カノン』
花組『カナリア』(千秋楽・日本青年館)
花組『ファントム』 (2回目・千秋楽)
花組『CODE HERO/コード・ヒーロー』 (バウホール)

*1:バカにしているわけではない。親愛の情である!