読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

べにぢょの日記

美人とギークが好き

”デリカシーがある”ってたとえばどういうこと?

「デリカシーがないって言われても、じゃあデリカシーがあるって
 たとえばどういうことを言うの?」

ぐぬぬ><
こう聞かれると答えに困る。具体例か…なんだろう。


私が男の人に 「デリカシーがない!」 と言うときはたいてい怒り狂ってるので、
冒頭のようなどんなふんわりフライだよ!という打ち返しを受けるとつい
鬼の形相で 「おまえ以外!!!」 と答えてしまうけどそれって違うよね知ってる^^


われらがはてなキーワードによると、デリカシーとはつまり

delicacy
気配り。配慮。


デリカシーとは - はてなキーワード

辞書的な意味以外は分からないのでそれ以上は他を当たってくれ感がすごい。
仕方がないので他へ行く。
”デリカシーがある”について考える前に、”デリカシーがない”とはどういうことかを
確認しておこう。

1:「もしかして整形した?」
2:「オレのお袋みたい」
4:「痩せたらかわいいよね」
6:「今、生理中?」


「こいつデリカシーなさすぎ!」と感じる男の台詞9つ【後編】

”9つ”と書いてあるが、私の感覚では、上に挙げた以外はよく分からなかった。
「9:そんなんじゃないって」あたりは強引にねじこんだろwさすがに無理があるw
でもこの手の問題の感じ方は、多分に個人差があるのだろう。*1


もう少しググる
「そんなんじゃないって」 よりはるかにしっくりするリンクを発見!
ちょっと長いけど引用。

ホスト100人に聞いた「デリカシーがないと思う女性の行動」


話している最中に携帯に出る
他人の携帯を勝手にいじる
声が必要以上に大きい
食べるときに「クチャクチャ」と音を立てる
何かにつけて「これいくら?」と聞く
「デリカシーないね」と口に出して言う
もらったプレゼントに対して「これ同じものもってる」と言う
携帯の押しボタンの音を切っていない
すぐに写メールを撮らせてと言う
電車の中で化粧をする


ホステス100人に聞いた「デリカシーがないと思う男性の行動」


女性に対して「太った?」と聞く
ヘッドフォンから漏れる音が大きい
こちらが話し終えていないのに電話を切る
髪型を変えたのに「前の方がよかった」と言う。
話している最中に携帯に出る
カラオケで歌っているときに勝手に入ってきて歌う
「今まで何人の男とつきあった?」と聞く
人が作った料理に、すぐ調味料をかける
一生懸命話してるのに「オチは?」と聞いてくる
メニューを見ていて「これ美味しくないんだよね」と言う


デリカシーがないなーと思われているあなたの行動


うーん。
あらためて考えると、無神経、鈍感、空気の読み方が杜撰。
土足でコミュニケーションを取っているという印象。
他人のおうちに入るときは靴を脱ぎましょう。


さらにググっていくと、増田に分かりやすいエピソードが。
昨日の出来事なんだけど・・・。

簡単に言うと、彼女がいつもコンプレックスを自虐気味にネタにしていたので、
第三者の前で自分も一緒になってネタにしたら泣かれたという話。
「散らかってるから土足でいいよー」という言葉を真に受けて土足で入ったら
相手が傷ついちゃってどうすればいいんだ?っていう。そりゃまずいだろう。


前提確認が長くなった。興味深かったのでつい><
最初に戻って、じゃあ ”デリカシーがある” ってたとえばどういうことなのか。
ダイエット中の彼女と食事に行くとき、ラーメン二郎に連れて行くのは
デリカシーがないと思う。
ヘルシー系の店を提案して、「ダイエットしてる君にピッタリだと思って^^」と
ドヤ顔で気遣いをアピールするのもデリカシーがない。
デリカシーのある男は、黙って彼女のブクマをチェックして、過去に行きたがってた
お店を予約する。
絶対に気付くから余計なことは言わなくてよろしい!
もし不安ならそっとはてなスターでも押しとけ!
ああ!このさりげなさ!すっごいデリカシーあるわあああ!!!!!!


1人で盛り上がりすぎて、ずいぶん遠くまできてしまった。引き返す。
私の経験からすぐ思いつく例を挙げてみよう。
事前に全力で断っておきますが、「男の人にはこうしてほしい」とか
「こうじゃない人はモテない」などという話をしてるわけではないですよ。
そこのところ、くれぐれも誤解なさらぬよう、何卒宜しくお願いいたします。

出先でストッキングが伝線してることに気付いて困ったときに、
「女の子は足元冷やさないように」とお店からひざ掛けを
借りてくれる

※このとき「ストッキング伝染してるから隠したいだろうと思って」
などと、自分がそれに気付いて気を使ったことをアピールすると
台無し><

慣れない靴を履いて靴擦れしてしまい、歩く速度が遅くなったときに
さりげなく歩調を合わせてゆっくり歩いてくれる

※間違っても「気取ってシャレた靴履くからそういうことに
なるんだよwしゃねーなーw」などと笑ってはいけません!


どうやら私にとっては、”さりげない気遣い=デリカシーがある” らしい。
そして、気を使ったことをアピールされると、無粋だと感じて興ざめしてしまう。
無粋、不器用、あっけらかんというのは、デリカシーのなさにつながりやすいかも。
なんというか、行間はこっちで読むから余計な説明はしなくていいのにっていう。
悪気もない、他意もない、でもちょっとだけデリカシーがないんだわ。

*1:そうだとしてもやっぱり「そんなんじゃないって」は誰も納得しないと思うがね!!!