読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

べにぢょの日記

美人とギークが好き

宙組『華やかなりし日々』『クライマックス』

また1つの時代が終わった・・・。
祐飛ちゃん、幸せな日々をありがとう!!!

『華やかなりし日々』『クライマックス』 | 宙組 | 宝塚歌劇


全日程全席即日完売*1という、押しも押されぬ大人気スター、
大空祐飛ちゃんのサヨナラ公演。
チケット確保苦労したww が、無事センターで観劇。


感想を一言で、忌憚なく述べると、
「あー、この祐飛ちゃん前に観たわー。2年前に観たわー半年前も観たわー」
という、規定既出路線のいつもと変わりない祐飛らしい祐飛ちゃんだった。
それはつまり、この退団公演が”大空祐飛”のよさを充分に魅せる舞台だった、
ということを意味するのだけど。


しかし歌が・・・・うまくなったなああ・・・・・・・!!!!!
『暁のローマ』のころや、CDのメドレー曲などで祐飛のターンになると、
こっちが気恥ずかしさをおぼえて赤面してしまうような歌唱力だったのに、
いつのまにかよく声が伸びて安定し、堂々とした歌いっぷり(←偉そう!!!)。
舞台にソツがないおかげで、目の下のクマが気になりました><><


今回の祐飛ちゃんは、ロシア貴族の末裔をかたる詐欺師。
幼いころ、マンハッタンの劇場横で新聞売りをしていたロナウド@祐飛は、
いつかこの劇場を手に入れようと胸に決め、20年かけて大富豪へのし上がる。
そいえば祐飛ちゃんも92年の入団から20年で今日のスターの地位を築いた。
これはその意味もかけてるんだろなあ。


過去を捨て、偽名の人生を生きてきた彼だったが、スターを目指す気の強い
コーラスガール・ジュディ@すみ花と出会い、かつての自分と似ていると感じて
さらりと本名を明かしてしまう。


恋に落ちたロナウドは、彼女へ贈る花束に本名のサインを入れてしまったことから
アシがついて刑事@かなめさんに追い詰められる><
このヘマっぷりだいぶ萎えたんだがwww天才詐欺師なのに!!!


まぁそんなこんなで結局、ロナウドは1人でアディオスするわけです。
このシーン、めっちゃくちゃよかったわああああああ!!!!!!
「チャッ」って意味深な笑みを浮かべながら奈落に消えていく。
わかってるね、よぉぉぉくわかってるのね!
あのときの祐飛は、ファンのドツボに深く永遠に突き刺さりました!!
あの一瞬のおかげで、私たちは祐飛から卒業できたのです!!!!!
たのしかったー たいだんこうえんーーーーーー!(呼びかけ風)


ああなんだっけ、なんの話だっけw
あ、あとはショーね。
「える・おー・ぶい・いー!わい・おー・ゆうひっ!」
ここ、みんなこぶしを振り上げて叫んでたw 嫌いじゃないよこういうノリ/////
どなたかのブログで、祐飛ちゃんが
「このシーンはお客様も恥ずかしがらずに全力でやってほしい」
と力説してたという話を読んだが、今日も何度も、腹の底から
「もっとー!もーっと大きな声でーーーー!はい合格ぅ!」ってw
(私はぜんぜんやらなかったごめん)



もうキリがないのでこのへんでやめておきますね><
祐飛ちゃんのことがとても好きでした。
ありがとう、私は大空祐飛を忘れないよ!ありがとう!!



■祐飛ちゃん関連エントリ
宙組『クラシコ・イタリアーノ』 『NICE GUY!!』
宙組『ヴァレンチノ』(日本青年館)
宙組『美しき生涯』『ルナロッサ』(2回目・前楽)
宙組『美しき生涯』『ルナロッサ』
宙組『誰がために鐘は鳴る』
『銀ちゃんの恋』『二都物語』(スカイステージ)
宙組『TRAFALGAR(トラファルガー)』『ファンキー・サンシャイン』
宙組『カサブランカ』

*1:漢文か!