読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

べにぢょの日記

美人とギークが好き

あなたを愛せるかどうかは、私がビンタできるかどうかで決まる

「どうすればモテますか?」 と聞かれたら、
私は 「喜怒哀楽を全力で表現しろ」 と答える。


ところで、ここに私がいる。
中途半端にモテるけど、誰とも愛し合わない私がいる。
私は、”喜楽” の感情を相手に伝えようという熱意が人一倍強い。
全身で、全力で、今の私にできるすべての表現方法を使って、
「嬉しい!」「楽しい!」「ありがとう!」という気持ちを相手に伝えたい。
それはモテたいという打算ではなく、嫌われたくないという必死。
怖いのは嫌だ。許されたい。


一方、”怒哀” の感情は完全にミュート。
”怒哀” はリスクが高すぎる。危ない橋は渡らないと決めた。
それを乗り越えての愛、友情!なんて面倒><
ダメかもしれないならもう結構。無駄無駄無駄ぁ!!!
こうして生きてきた結果が、今の私なんだな(^ω^)



そして最近、思うこと。
ある人に対して、理性で抑えられないほどの怒りや哀しみをおぼえたとき、
私はその人をビンタできるか?と。
鬼の形相で、渾身の力を込めて、めいっぱい平手でバチーーーーーーンと
張り倒すことができるか?


誰かを想定して考えたとき、YesかNoかの答えはすぐに出る。
Noの人はこの先、どれだけ付き合っても無理だと思う。
Yesの人は、これからそいつを殴りに行こうか!ヤーヤーヤー!とは言わずとも、
いつかそんな状況になったら、私はためらわずに命がけで平手打ちすると思える。



だから、私が思いっっっっきりビンタをしてもいい人、
私にビンタされてもいなくならない人を探そっと(・∀・)


■関連
3O(オー)の男性
諦めたらそこでコミュニケーション終了ですよ