読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

べにぢょの日記

美人とギークが好き

星組『ノバ・ボサ・ノバ』『めぐり会いは再び』

礼音ちゃん絶好調!ちょぉぉおみなぎってた!!ノリノリで私もノリノリ!!
観客のテンションも高くてすっげ興奮!これはずぇったいに!ナマで観るべき!!

『ノバ・ボサ・ノバ』『めぐり会いは再び』| 星組 | 宝塚歌劇 | 公式HP


チケット価格があれだけ高騰してたのも頷ける。
「大入り満員で立ち見も連日大盛況」との話にも納得。
だってよかったもん!ボールドで言いたい!すごくよかったもん!!!


今回は、40年前の初演から再演を繰り返してるショー『ノバ・ボサ・ノバ』がメイン。
のっけからサンバ!カルナバル!!
礼音ちゃんを筆頭に、手加減なしで裸足で踊りまくる!!!!


もーね、お客さんがすごくノッてるのが分かる。
舞台にもきっとそれが伝わってる。だから礼音ちゃんもさらに張り切る!
そしてそれを観た私たちももっと楽しくなるーーーーー!!!
っていう相乗効果で、劇場全体が歯止めが利かないほどノンストップハイ!!
思わず腹の底から 「楽しいー!!!」 って叫びだしたくなって、
もう少しで立ち上がって踊るところだった。あぶないあぶない^^;;

「シスター・マーマ?あれはなんでしょう?」

「あれは恋をしているのです☆」

と、繰り返し出てくる神父とシスターのやり取りもスキ♪


すっげぇなああ!これが40年たっても色あせず名作と呼ばれるショーか。
礼音ちゃんがね、「ザ・柚希礼音!ここに在りぃぃぃぃ!」 って感じで、
礼音満タンで本当に生き生きと踊っていたのがマジ!エックセレント!!!

バレエが得意な礼音ちゃん♪♪
スッとしてキリッとして凛としたその姿はまさに!清く・正しく・美しい!!


観てる私も、思わずぜぇぜぇハァハァと息切れするほど興奮するショーだった!
顔も体も真っ黒に塗りたくってたので、次のお芝居のために幕間30分で
全部落として化粧やり直すの大変だろなーなんてふと考えたにょw



そしてそして!お芝居がまたいいんだなあ!!!!!!!!!!!!!!!
『めぐり会いは再び』 は、コメディタッチでハッピーエンドな少女マンガ風のお話。


お父様の言いつけで、5人の花婿候補の中から1人を選んで結婚することになった
資産家のお嬢さま、シルヴィア。
そのお婿さん候補たちが、そろいもそろって皆ワケあり。
伯爵夫人との不倫関係を清算するために立候補した騎士や、
シルヴィアのお兄さん・マリオに恋焦がれるあまり、ストーキング欲を抑えきれず、
男装して花婿候補に成りすましてまでお近づきになりたいとやってきた女の子や。



礼音ちゃんが演じるのは、そんな花婿候補たちの中でもとりわけ一癖ある
貴族の青年、ドラント。
ドラントは、「女はいつも猫かぶってて本性が分からないからヤダ!」つって、
従者のブルギニョンと入れ替わり、こっそりシルヴィアを品定めしようと画策。
ところが、5人の男性に求婚されるシルヴィアもまったく同じことを考えていて、
次女のリゼットと入れ替わって、男たちの本性を暴こうと企んでいた・・・・・っ!!!


っていう楽しいお話だよ(・∀・)
最後はドラントとシルヴィア、従者ブルギニョンと次女リゼット、不倫中の2人や
マリオとそのストーカーまでみーんなみーんなくっついて誰も損しない!
入れ替わりトリックであんたらWinWinやん!!


劇中で歌った平井堅の「LIFE is...」が、こんなにも違う曲に聞こえるとは。
あれだけメジャーな歌にもかかわらず、お芝居の中で使われても
すごく自然でしっくりくる。
礼音ちゃんバージョンは、オリジナルとはまったく異なる印象。
聴かせるネエ!しっとりと、しっかりと自分のものにして歌い上げてた。さすが。


ドラントに扮した礼音ちゃんは美しくてきらきらしてて最高に素敵だったんだけど、
マリオ役の涼紫央ちゃんのツンデレキャラがすっごくハマっててよかったぁああ!
もう惚れた。今日惚れた。顔立ちがクールだから、ああいう役が似合うんだなー。


しかしプログラムを読んでたら、礼音ちゃんと娘役ねねちゃんのヴィジュアルを
「絵から抜け出してきたようなほとんど2次元なカップル」と称しててワラタw
確かに現実離れはしてるけども。。。


礼音ちゃんは素顔も実に実に美しいですからね!
こんなドヤ顔さえ麗しい。ああ、すりすりしたい・・・ハグハグしたい・・・



帰りに、礼音ちゃんグッズのコーナーでブックカバーを見つけたので思わず購入。


そして2Fには、星組一同の寄せ書きが。ロビーの募金箱もまだあった。
 


帰宅後、あらためて思い返しても本当に素晴らしいショーとお芝居だった♪
礼音ちゃんありがとう!私、大満足!!!!!



■礼音ちゃん関連エントリ
星組『宝塚花の踊り絵巻』『愛と青春の旅だち』
礼音ちゃんと完全に目が合った!(と思う)前楽!
星組『ハプスブルクの宝剣 −魂に宿る光−』『BOLERO』
星組『太王四神記 Ver.II』