読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

べにぢょの日記

美人とギークが好き

女性を褒めるときに気を付けなきゃいけないこと 

知り合いにたいへんな美人がいる。
顔が美しいだけではなく、スタイルも抜群で頭の回転も早く、
品があって気配り上手で、おまけに異常なネットオタク!*1
もう美人を通り越して佳人の域。と、個人的には思っている。


ただ、遠目でも美人とわかるほど目鼻立ちがハッキリしていて、
モデルのようにスラっとした長身でカツカツ歩くさまはとても迫力があるので、
彼女曰く 「子供が私を見ると泣く」 とのことw
美人は美人なりの苦労があるんだなあ。



ところで、彼女に絶対に言ってはいけない言葉がある。
これを言われると彼女ブチ切れる。美人が怒るとマジ怖い。
「そのヒールで踏まれたい!」 なんてふざけてる余裕ない。
おどろきすくみあがって、ずっと美人のターン。


彼女を怒らせる言葉、それは「可愛い」。
美人に可愛いといってはいけない。
なぜなら 「私は可愛いんじゃなくて綺麗」 だから。
「美人だね」「綺麗だね」という褒め言葉は、今までたくさん言われてきたのだろう。
そして本人もそれをよく知ってる。だから、「ありがとう」 と素直に受け取れる。


でも 「可愛い」 というのは、彼女的に ”違う” のだ。
今までもそんな褒められ方はしてこなかったし、
自分でも 「私は可愛いわけではない」 と思ってる。
だから、「可愛い」 と言われると 「適当なこと言うなボケ!」 と怒る。
「綺麗、可愛いという褒め言葉を並べれば、女が単純に喜ぶと思うなよ!」


この件に限って言えば、彼女が ”これが私の魅力” と
ある程度自覚している部分を褒めるのが、一番好意が伝わりやすい。
美人に向かって 「可愛い」 という褒め言葉はトンチンカンだったのだ。
たとえるなら、渾身のネタで笑わせようとしているお笑い芸人に向かって、
「その服すっごく素敵!本当によく似合ってるね!」 というくらい、
相手が伝えたいことをスルーした見当違いの褒め方だったの。


もう少しデリケートな領域まで突っ込んで考えると、「可愛いわけじゃない」
という自覚は、彼女にとってコンプレックスだったのかも。
子供に泣かれるくらいだしw 
美人はどうしてもキツく見られがちだから、それをひそかに気にしていた、
という可能性はあると思う。*2
言った本人は 「可愛いって褒めてるじゃん!」 って思うかもしれないけど、
褒め言葉もときには地雷。
「美しさは持ってるけど可愛さは持ってない」 と本人が思っている以上、
持ってないものを褒めても怒らせるだけ><


男の人は褒めてるつもりでも、褒めれば何でもいいってわけじゃないのだ。
深く考えずに適当に持ち上げてもバレるんだぞ!ナメんな!!



「褒められたら誰だって悪い気はしない」という言葉は、よく吟味する必要がある。

*1:最後はあんまり関係ないけど、美人はこういう一面がないと生きにくい

*2:実際いつかそんなことをチラッと言ってた