べにぢょの日記

美人とギークが好き

念願の宝塚舞台メイクを体験した!

誰だ!べにぢょだ!!女はメイクで変わるのさ!!!
こんな体験は生まれてはじめてよ・・・。

横から見ると鼻筋のハイライト強調とまつ毛の盛りが尋常じゃないなw


参考画像:最近のすっぴん


完全に別人


去年は衣装のみでメイクは体験できなかったので、
今年はなんとしても舞台メイクを!とゆことでリベンジ。
去年の日記:Salon de Takarazuka - ステージスタジオ
公式サイト:宝塚歌劇 Salon de Takarazuka 舞台メイクサービス
やっぱ衣装だけとは全然違うなぁw
宝塚舞台メイクを体験してびっくりしたことが超3つ(・∀・)


超1つめは下まつ毛。
上はつけまつ毛なんだけど、下は筆で涙袋にビヨンビヨンって直接描くのだ!


超2つめはメイク落とし。
まさかのビオレふくだけコットン!!!!!

うそおんw何か専用のリムーバー的なものがあると思っていた。
市販のものでいいなら、せめて今タイアップしてるポンズにすればいいのに・・・。


そして超3つめは・・・


・・・私、お姫様よりオスカルの方が似合う!!
娘役と男役というのは、メイクがちょっと違うのね。
で、下の娘役の衣装(「スカーレットピンパーネル」のマルグリット)と
上の男役の衣装(「ベルサイユのばら」のオスカル)の両方を着たかった私は、
先に娘役ver.で写真を撮ってもらって、その後でポイントメイクを直して
男役ver.で撮影してもらうという流れに。
今はキャンペーン中で、2着着用すると写真をポストカードにしてもらえるのだ!
やったね☆クリスマス仕様だいヽ(*´∀`*)ノ


自分は迷うまでもなくひらひらドレスに女強調メイクの娘役タイプだと
思ってたんだけど、いざ比べてみたら、キリっとした男役メイクに
王妃様をお守りする近衛連隊長オスカルの衣装の方が似合っていた!
(と思う)(だってメイクさんも金髪似合うって言ってくれたし)



衣装&ヅラ着用時は手持ちのカメラで写真撮るのはNGなんだけど、
私服に着替えてヅラ取った段階ならOKとのこと。
って、急に言われてもiPhoneしか持ってないし><
とりあえず自分撮りモードで顔のアップを撮って、
着替えをお手伝いしてくれたお姉さんにバストアップを撮ってもらった。


お?これなら普通に街歩いててもセフセフじゃない?証明写真に使えるんじゃ?
と、フル装備時との比較であやうくおかしなこと考えたけど
どうみてもアウアウです(^ω^)



でもねー♪でもねー♪♪
オスカルもいいけど、一番のお気に入りは祐飛ちゃんとのツーショットなんだ♪


今年もストラップにしてもらったので、去年のと2連であいほんにぶらさげ太!

iPhoneと比べるとdocomo携帯のカメラしょぼいな・・・*1


特に宝塚やベルばらに興味がなくても、女性ならきっとメイク後の鏡を覗いて
その変身ぶりを楽しめると思う!
自分の顔を見てまったく自分だと思えない、という体験は衝撃だった。



入口ではオスカルとアンドレが迎えてくれるから怖くないよ^^

*1:ほかの写真はiPhoneで撮ってるけど、これはiPhone本体を撮影するためdocomoのカメラを使用