べにぢょの日記

美人とギークが好き

ミュージカル「エリザベート」東宝版

宝塚版より地に足ついてる感があった!東宝版のエリザベート!!
ゴージャス華やかな宝塚と比べると、ちょっぴり落ち着いた印象を受ける。
帝国劇場「エリザベート」


キャストはダブル・トリプル・組み合わせいろいろなんだけど、
私はエリザベート朝海ひかる / トート:石丸幹二 の回を観てきた(・∀・)ニョ♪



元宝塚の朝海ひかるさんはとにかく綺麗。現役時代の舞台は生で観たことが
ないんだけど、うちにあるベルばらDVDでオスカル役をやってたのね。
もう、その美麗さに失禁するくらい可愛かったのだ!朝海オスカルはたまらんち☆
実物もすごく華奢で顔ちっちゃくてビジュアル的には超エリザベート
信じられるか?これ、元男役のトップなんだぜ・・・?
でも声もちょっと細い感じ。よく言えば可憐、悪く言えばかよわすぐる。



石丸さんは元劇団四季の人らしい。出てきた瞬間 「うわ、男くさい!」 と
思ってしまったw そりゃそうだ。だっておとこのひとだもの。*1
宝塚トートのイメージでいくと最初はやや抵抗あるけど、歌うまいから吹っ飛んだ!
序盤で歌う『愛と死の輪舞(ロンド)』の「生きたおまえに愛されたいんだ!」って
とこなんて、ゾワゾワっとしたもんね!やっぱ男だなー。太いなー。強いなー。
『最後のダンス』はもはや怖かったし!夜中おしっこ行けないレベル><
宝塚版のトートは幻想的&神秘的な黄泉の帝王という雰囲気だけど、
これは魔王だ。ラスボスの貫禄!なんというか、実体を伴ってる感じ。(ごついし)



ルキーニがなぁ・・・。自分の中ではイマイチ納得いかんかった。高嶋政宏さん。
ソツがないのはある意味いいんだろうけど、ルキーニはもっとクレイジーなキャラで
ぶっ飛んでほしかった。なんというか、小物感が・・・。ううむ・・・。
「グラーぁーーーンド・アモーーーーーっぅレ!偉大なる愛!」
ってさ、巻き舌の勢いでね、かましてほしかったの(´・ω・`)



今回、一番キュンとキタのが幼少期のルドルフ!やばい!子役べりキュート!!
ぎゅーっってして、たかいたかーいってしたい!たかいたかーい^^^^^^^^
猛烈に拍手したね。あのこのときだけおもちゃのサルみたいにバリ拍手した。
私のショタ魂に火がついちまった。あのこがほしい!相談しましょ!そうしましょ!



私のファースト・エリザベート2007年の水さんの舞台*2
DVDでじっくり観直すと、エリザベート役の白羽ゆりちゃんがすごくいいんだなあ。
ルドルフが自殺して、死にたいってトートに懇願するのに拒否されて絶望する
シーンはホントに圧巻。『私だけに』のソロも圧倒的にうまい!彼女はすごくいい!
瀬奈じゅんver.の Special DVD Box には特典DVDが付いててね、
もう説明するの面倒くさくなってきたから書かないけど、いろんな瀬奈じゅん
観れるんだよ!聞いてる?この話もう飽きた?私はぶちゃけ飽きてきた!


ということで、東宝エリザベートは10月30日まで絶賛上演中です\(^o^)/

*1:関係ないけど劇団内のショップになぜか相田みつをカレンダーが売っててワラタw

*2:そいや東宝版では「死ねばいい!!」が出てこなくてちょっぴりショボン