べにぢょの日記

美人とギークが好き

花組『虞美人』

”同じような境遇”と申しました・・・
”同じ”とは申しませんでした

とかなんとか言っちゃってー☆もう!彩音ちゃんたら!!!
だって死んじゃうからね!自害しちゃうからこのこ><
だから何者にも捕らわれないんだ!同じにはならない!なるほどですねー!!


捕らわれの身となった劉邦の妻(とその付き人)をこっそり見舞う虞@桜乃彩音
ここだけじゃないかなー?虞が1人で出てくるの。自分だけの意思で。
ほかは項羽と一緒だったり王陵に迫られてたりだし。
だからここは、虞美人の中でもとっておきに虞美人なシーンだと思う!


あ。ごめん。あれね。いつものね。これ後で見るとたまにリンク切れてて涙目><
宝塚歌劇 花組公演『虞美人』

# これいまあいほんの待ち受けです


真飛たんは相変わらず凛としてるなあ。つくづく正当派だなあと思う。
そして劉邦役の壮一帆がイイ!すごくシュっとしててイイ!!
やはり天下を取るのは奥一穂か壮一帆ですよ!!!
2幕の後半で、劉邦が1人崩れ落ちてシャウトするとこよかった。
みんなに愛されてるのに自分しか愛してないという孤独に気付いた劉邦
こんな俺を、項羽おまえは知っているのか・・・?みたいなシーン!
ああごめんうろ覚えすぎてなに言ってるかわかりませんよね><
いいんです。たいした話じゃないんです。さがさないでください。


フィナーレのラインダンスから大階段での壮一帆ダンスへの流れが
ちょーーーときめきトゥナイト
そして真飛たんが彩音ちゃんをリフトしてくるくるくるくる回すところもビバ!
彩音ちゃんはねー、この公演で宝塚卒業しちゃうからねー。
劇中、真飛たんに向かって「いつまでもお強く・・・っ」って言いながら果てるのね。
そんな虞美人を去り行く彩音ちゃんの姿に重ね合わせてみるのだった。
別に彩音ちゃんは足手まといになるからって身を引いてるわけじゃないけどw
真飛たんの胸にもいろんな思いがよぎったのではないかなーなんて思ったり。


これはね、はまちーやと一緒に観に行ったんだ(・∀・)
はまちーやは事前に 『項羽と劉邦』 の漫画を読んで予習をしたらしく、
出てくるエピソードぜんぶわかるよて言ってた。そうかー、そうかー。
私は実は2回目だったので解説する気満々だったんだけど、その必要なかった。
終わってからずっと 「韓信がよかった。韓信のあの歌がよかった」 と話してて、
私は 「あぁ、そんなのあったかもね」 という感じでスルーしてたんだけど、
次の日もその次の日も口を開けば韓信の話ばかりしているので、
さすがに私も韓信に関心を持ち始めた(うまいことをいいました)。


項羽がブチ切れて変な乗り物乗って襲ってくるシーンがやばくてさあ!
「あれめっちゃ怖かったなぁー」 「泣いちゃうよあんなの><」 って話してたw

「怒れる項羽率いる鋼の3万が、豆腐のような劉邦の50万を
 蹴散らしているのです!」

豆腐って!!頭ぶつけて死ぬ人もいるんだからねっ><
でもはまちーやはやっぱり 「あれは韓信の言葉をきかなかったから
豆腐になってしまったのです」 と言っていた。
ちょっとまって、わかりました。韓信についてちゃんとググっておきます。
関係ないけど沖縄料理のジーマーミ豆腐っておいしいよね(´∀`)
終わってから一緒に行ったワインバーすごくおいしかった。ね。ね? ね!


とりあえず私はとっとと 『項羽と劉邦』 を読むべきですね!
早く豆腐の50万の場面でてこないかなー♪