読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

べにぢょの日記

美人とギークが好き

星組『太王四神記 Ver.II』

わたくし、完全にノーマークでした!私としたことが!!!
こんなスターが星組にいたなんて!!!

星組『太王四神記 Ver.II』−新たなる王の旅立ち−


「え?それ前も見てなかった?」と思った人!
私のイカれた宝塚レビューをよく読んでいますね!ありがとう!!
前回の太王四神記花組バージョン。これは星組バージョンなのだ(・∀・)
≫参考:花組・太王四神記


柚希礼音さん。お名前は”れおん”と読むのですよ。さぁ、リピート・アフター・ミー!
れーおーん!ハイ、れーおーん!!あぁ、なんとかぐわしい響き・・・っ
安蘭けいさん退団後の星組トップです。やー!不覚マジ不覚!!
安蘭けいさんばかりに気を取られて、うっかり礼音を見逃してたよ!
んもう私のバカバカバカっ><


ストーリーは同じなので分かってはいたんだが・・・

「思い出すなぁ、あの城の鐘を・・・
 き・・・みが・・王なら・・・僕は、将軍 に・・・」

( ;Д;)だぁぁーーーーーっ!
やっぱりヨン・ホゲ死んダー!!!!!!!
ホゲは本当はいいやつなのに!なんで死ぬんだ!なんで死ななきゃならんのさ!
ホゲのお母さんがタムドクに責められて自殺しちゃったり、初めて愛したキハが
タムドクとデキてたり、悪いやつがたくさん悪いこと吹き込んだりしたから
ちょっとグレちゃっただけなんだ。
なのになのに!なに間違ってホゲに矢当ててんだこのやろう!ぶっとばすぞ!!



これはホリエモンも観に行ったそうですのん。後半のショーがお気に召した模様。
私はですね、宝塚の見所は最初にスターが登場する瞬間に集約されていると
いっても過言ではないと思っちょるのです。
ラインダンスや歌もいいけど、あの瞬間にはかなわない。
舞台のスターにライトが当たったあの瞬間。初登場のあの瞬間ですよ。
あれは本当にたまらん。生じゃないと味わえない迫力と感動があるんだ。
あーダメだダメだ。言葉じゃ全然説明できん><


ところで私には意外と可愛い一面があって、舞台を観たあとはひそかに
ここに感想を投稿している。
TAKARAZUKA REVUE レビューレポート

あとはミクシィの宝塚コミュとかw 書き込みするコミュはあそこだけだもんなぁ。
な!かわいいとこあるだろ!な!!わかったか?わかったな!!うん。


はぁ。次回はついに花組のベルばらですよ!
もうワクテカすぎてもれそうです!!!!!