べにぢょの日記

美人とギークが好き

花組『太王四神記』

ま・と・ぶ!MA・TO・BU!!
アイ・ラブ・マトブ!I LOVE 真飛!!


こんな素晴らしい舞台にめぐりあえるなんて、私はなんて幸せなんだろう。
今日まで五体満足で生きてきてよかった。
私の五感すべてが全力で感動している。
『太王四神記』特設サイト|花組|宝塚歌劇95周年


最近はいつも1人で観にいくんだけど、1人だと泣きたいときに泣けるからいいね。

き・・・みが・・王なら・・・僕は、将軍 に・・・

( ;Д;)だぁぁーーーーーっ!
ヨン・ホゲ死んダー!!!!!!!


今回はショーなしの2幕構成。
自分は芝居をたっぷり堪能したいタイプなので観応えがあってド満足(・∀・)
導入は神話時代の語りなんだけど、しょっぱなから一気に引き込まれた!
彩音ちゃんはチョイ悪女がハマるなぁと思ったり。黒蜥蜴とか。
火を操る虎族の女王・カジン。手からメラみたいなの出してて楽しそうだったw
ようつべでハイライト発見したので貼っておく。
イヤイヤ!礼には及ばないよ!遠慮は要らないZ!さぁご覧!!

「ヨン・ホゲ様こそ まごうことなき チュシンの王であらせられる・・・」ってセリフを
帰り道で何度も真似して1人で盛り上がっていた><
私も生まれ変わったら巫女になりたい。
そしてタムドクとチョメチョメ・・・って(* ∩∩)キャー!!


これは2階席1〜2列目あたりから観るのがベストかもしれんね。
1階席3列目だったんだけど、ラストのワゴン(?)みたいのがズズズイっと
せり出すとこは、正直よく見えなかった(´・ω・`)
それに部族ごとの衣装の色使いとか、ちょい俯瞰で観た方がよさげな感じ。


とはいえ、やっぱ距離が近いとコーフン・スルー!!
目の前に真飛タンが来たときは、身を乗り出して
(タムドク*1ハァハァ!!!!!!!)
って、全毛穴で真飛タンを欲していた。[へんたいだなおまえ]


あなたたちねぇ!
「宝塚って化粧がケイン濃スギだからちょっとね^^;;;」
なんて思ってるんじゃないの!!??
真飛タンは素顔も美しいんだぞ!気高いのだ!

分かったか!分かったら今すぐひれ伏せ!タムドク王に忠誠を誓え!!!


花組は舞台を観るたびに次回への期待が高まるんだけど、
毎回それを裏切らないのがすごい。一生ついていきます。


そいや今、我が最愛のオサ様こと春野寿美礼さんがマルグリットに出演中やのぅ。
観たいなぁ。きっと超絶素晴らしいんだろうなあ・・・・。

*1:真飛タンの役名