べにぢょの日記

美人とギークが好き

携帯を半径ワンクリック以内の位まで高める試み


昨日オレイズムっていうテキストサイトのヨッピーとかいう野良犬から
電話がかかってきてさぁ。



「電話とかホントやめてください。困ります。
 私は今から里芋を使ったお料理にチャレンジしようと思っていたところなんです。」


「死にたいの?」


「いえ積極的に死にたいとは思ってませんけど、美人薄命って言いますでしょう?
 望むと望まざるとに関わらず、私はそう長くはないだろうという自覚はあります。」


「あ、やっぱ死にたいんだ。」



なんなのこの男。失礼な人ね!!


じゃなかった。こんな話がしたいんじゃなかった。
世間一般が考える20代女性の基準と照らし合わせて、
紅は携帯電話に対する関心が異常に低すぎる。
新機種・新機能に対する関心が低いだけならまだしも、
日常生活において携帯に注意を払わなすぎる。


まず、手元に置かない。
空気清浄機のリモコンやキーボードをシュッシュするスプレーや
ワイヤレスマウスの交換用電池はすべて手元に置いてあるのに、
携帯は最後に使った場所に置いたまま。携帯は単3電池ほど重要ではない。
外出した日はバッグの中。そしてたいてい、バッグの中に入れたままである。
金曜の深夜のメールに月曜の朝気づく、なんてのはよくある話。


なにより致命的なのが、常にマナーモードであることだ。
自宅にいるのに誰に対するマナーか?紅に対するマナーだ。
紅の時間を邪魔されないよう、マナーモードにしてある。
ん、この考え方は正しいのか?
紅の中では正しい。が、世間的にはおそらく正しくない。
携帯は紅のもの。でも、かけてくるのは他人。
ってことは、この考え方は改めねばなりませぬのー。


音出そう。着メロを探そう。
ということで、宝塚公式サイトの会員になった。
毎月、月初めに付与されるポイントを使って、
着メロや待ちうけ画像をダウンロードできるらしい^^


さっそく待ちうけ画像をダウンロードしてみた。
ポイントがなくなった^^


5月まだかにゃー゚+.(0゚・∀・)゚+.゚


「電話気づきませんでした!」とか「メール今見ました!」という紅の発言に対して
「ハイハイ言い訳乙( ゚Д゚)y−~~ 」って思ってるあなた。
言い訳じゃないもん。ホントだもん。
5月まで待ってくださいね^^^^