べにぢょの日記

美人とギークが好き

やっぱ淋しいんじゃなくて怖いんだよね


mixiの日記が怖くて書けねーのなんのって


ついったーがラクなのは、何を書いても 「ひとりごとだから」 という
エクスキューズがきく、ってのがけっこう大きいと思う。


ミクシィもチラ裏的な使い方をしたってかまわないんだけど、
仕組み上、つながりを意識せざるを得ないようにできてるので、


チラ裏のつもりでスルーおkの日記を書く
  ↓
案の定コメントがつかない
  ↓
べ、別に俺はコメントなんて欲しくないんだぜ?ホントだぜ?


と、ツンじゃなくてガチ本心で思っていたとしても、
ハタからみたらツンにしかみえないっていうか、
「あーこいつイタイな恥ずかしいな」 と思われるのがイヤ、ってのが
コメント0怖いの心理だよね?


日記に対してリアクションされないのが淋しい、っていうより、
リアクションされない自分をマイミクに見られるのが耐えられない、
ってことだと思ってるんだけど、どうですかお客さん。


コメント数がイコール人望とか人気度ってわけでは必ずしもないけど、
それくらいしか指標がないからなぁ。あとは紹介文とか?マイミクの数とか?
でもマイミク数が多いのにコメント0だと余計にアレだったりするから
そのへんは一概には言い難いですのー。


マイミクにどう思われようがそんなの関係ねぇ!ってよしおもいるけど、
紅はコメント0怖いの心理は全然分かるっていうか、むしろ自然だと思う。
そりゃ見栄張りたいし独りよがりな奴とは思われたくないっしょにんげんだもの。


ブログにコメントがつかないのとは根本的に違うしね。
ブログのコメント0は、怖くはない。
空しいとか淋しいとか、そういう気持ちはあっても怖いって発想はないもん。


この話題は既出の指摘をなぞるだけになるのでこのへんで。
せっかくの機会なのでコレ貼っとこ。さるべーじ・さるべーじっと。
”読み逃げ”させない!mixi日記で必ずコメントがもらえる7つの方法