べにぢょの日記

宝塚歌劇の観劇感想などなど

大千秋楽)花組『CASANOVA』@ライブビューイング(東京宝塚劇場)

ムラ楽に続き、東京の千秋楽もライビュで参加!
ゆきちゃんのサヨナラショーがまた観られるぞー\(^o^)/

◆大劇場の千秋楽ライビュ
xlovecallx.hatenablog.com

◆大劇場での観劇
xlovecallx.hatenablog.com


アドリブも絶好調♪
みりおちゃん×ゆきちゃん*1
ベアトリーチェから結婚を迫られたカサノヴァ、断る口実に「財産もないし…」とオドオド告げると、「財産なんていらないわっ!」と、両手で抱えて後ろに放り投げるジェスチャー
明日海りお様、慌ててダッシュで拾って戻り「お金は大事だよ~」
素のみりゆきっぽくてほっこり。


みりおちゃん×まいてぃー*2
「愛は迷宮のようだ。まるでこのヴェネツィアの街のように…」
というカサノヴァの殺し文句。
「今の言葉、使わせてもらいますんでー」と言いながらハケようとしたバルビまいてぃーに、「練習していけば?」と予想外の振りww
動揺しつつも「愛は迷宮のようだ。まるでこのヴェネツィアのように!」と無難にキメたまいてぃーに、「うまくやるなよー」と不満顔w
ご期待に添えなかったようで、まいてぃードンマイ!


サヨナラショー後のトップスターさんご挨拶。
「千秋楽、さびしんでいただけましたでしょうか?」
さびしむ!!!!さすがの名言!!!!w
みりお語録に収録せねば!!
これから花組公演では毎回使っていきたい。


組替えするちなつちゃん*3へのお言葉。

「昨日もらったお手紙に ”退団発表したさゆみさんを残していくのが心配です” とありましたが、全っ然大丈夫です!!!
 甘く見られたものです。
 腰位置は高くてもいいけど、腰は低く!こうべを垂れて、せいぜい頑張ってください」

花組に来る前、月組で一緒だったふたり。
こんな悪態をつけるほど信頼し合ってる絆を感じた。
絆!!!って、それはちぎちゃんのテーマ!組違い><


ちなつちゃん自身は、
「大劇場の千秋楽で”ふてぶてしくなった”というお言葉を頂きまして、自覚はあるのですが」
と照れ笑い。可愛い。
黒魔術に傾倒したコンデュルメル夫人と同一人物とは思えない!


退団する副組長、花野じゅりあさんへの花束では、同期のきたろう*4くんが!
www.instagram.com
86期もじゅりあさんが最後で、みんな卒業してしまったね…。


そして、ゆきちゃん!
大劇場で披露した土手のエピソード以来、「ゆきちゃんの土手のおばさん」と呼ばれるようになった、など、今回もちょいちょい笑いを取るメッセージ。

アンコールでは、みりおちゃんに突然「お願いがあります。耳元でグラッツェって言ってください!」と、おねだりw
「そういうコーナーじゃないんだけど」と言いながらも、お願いを聞いてくれるみりおちゃん。

「断られたらどうするつもりだったの?」
「さゆみさんなら断らないと思ったんです」

というやり取りも、お互いをよく分かってる仲の良さが伺えて。
あらためて、ゆきちゃん本当にお疲れさま、ありがとう!


最後にもひとつ、みりお名言。

「平成最期の公演をしたことを、なんだかわからない自信に変えて!」
(一同笑)
「なんだか分からない自信に変えるんだ!!」(こぶしを握り締めながら)


名残惜しい花組千秋楽でした。
次はみりおちゃんが…イヤ!今はまだ考えるまい…><
プログラムの非現実的に美しいお写真見て現実逃避しよう…。

*1:仙名彩世

*2:水美舞斗

*3:鳳月杏

*4:緒月遠麻